スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

年度終わりの

単位も足りて、どうにか次の学年に進めそうです。 さて、やり残したことはないだろうか。 そう、ノイブログを書いていないじゃないか。 同学年の子はもう二回も書いているのに。 という訳でこんな日に更新してしまいました。はっぱです。 明日はエイプリルフールですね。 そして、ノイは小美玉市に外部公演をしてきます。 演目は「こっち向いてホイ!」「雪女ちゃんと雪男くん」「のみもの」「ごきげんわにさん」の4つ。 脚本を新しくしたり、演出を変えたり、何より練習したんで、楽しんでいただきたいなと思っています。 こんな事を書きましたが、本当は 最後まで「のみもの」のコーヒーを失敗なしにできたことがない なんて今更言えず、ひやひやしています。 あと、私これが初めての外部公演なんですかね、いいだを除くと。 緊張してあんなに練習したのに 「エイプリルフールなんだから公演も実は…」 なんてものがよぎりました。 嘘です。 うーん。今晩眠れるかが心配です。 明日は朝早いというのに。 恒例の「ぱっちり」と朝の目覚ましのお電話があるので、大丈夫でしょう…。 そうそう。 一年前の今頃は、人形劇やってるなんて思ってもいませんでした。 引っ越しの荷造りをして、素敵な大学生活なんてものを夢見ていた、そんな高校生だったなんて。 時が過ぎるのは早いものです。

こまったさんのクリームシチュー

帰省が終わり、つくばに一人。 また自分のためだけに献立を考え、 自分一人で自分しか食べない料理をする日々に。 そして洗濯掃除買い物風呂沸かし美容etc 家事+αを真面目にやってたら それだけで人生が終わることを実感中。 ため息がでます。 昔はおいしいものが食べたいからという 非常に単純な動機で自炊が続いておりました。 しかしね、最近違うのです。 別に自分が美味しいものを 食べなくたってよいのですよ。 実家で母と一緒にちょびっと凝った料理に 挑戦してみたのですけど。 かぼちゃの皮をむき その他の野菜と一緒に細かく切って、 バターと一緒にいためたり とろとろに煮た後に ざるでこして 再び火にかけて(以下略) とまあ、書くのも読むのもめんどくさい 工程を経てかぼちゃのポタージュなんか 作っていたわけです。 まあ、そこそこ手をかけて作ったので それなりに美味しかったんですけど、 別に感動はしないな、と 苦い気持ちになったのでした。 子供の時、好物は母から母の分までもらってましたけど、 ジャイアンだった私は母の気持ちを 理解できませんでしたっけ。 「なんでこんな美味しいものが嫌いなんだ?」って 美味しいもの=誰よりも多く食べる まずいもの=嫌いだから他人にあげる という思考回路の貧乏くさい子供でしたので。 てっきり母はプリンやからあげが大っきらい、 子供の私は食べ残しが出ないように 処理しているんだ、とか思ってたような。 自分地球にやさしい!とか。 そういえば、そんな感じで 残飯処理の使命に燃えた小学生時代の給食の時間 私の器にはニンジンがこんもりでしたっけ。 今考えるといじめと愛されるって紙一重ですね。 何も気付かず大好きなニンジンにほくほくしていた 幸せな子供でした。 今なら母の気持ち、ちょっとは分かる、かな。 多分、お母さんはプリンや唐揚げが大好きだったんだろな。 これが成長なのかなとしみじみと思い、 成長した代わりに自炊率が減ったので、 これは成長なのか退化なのか。 しみじみです。 ところで、今さらだけど、 ノイブログって私物化してよかったんでしょうか。 自重しようとした時期もありましたが、 ノイの裏ページがな

近況報告

只今頭の張り子を制作中です。 どんどんと出来上がっております。失敗作が。 成績は三戦三敗です。 作る数は5つ+αもあるのに、 一つも完成してなくて失敗数は3つ。 締め切りに間に合うのかしら。 張り子は新聞紙と小麦粉でできていると最初に知った時は なんて財政に優しい! プライスレスだ! なんて思ってましたけど、その他材料に 有り余る時間と根性が必要なのです。 だまされました。全くタダより高いものはないとは よく言ったものです。 失敗作がもし5つ以上できたら、 開き直って公演のインテリアにしようかと思ってます。 しゃれこうべを会場やアンケート書き場に設置です。 目には畜光シールでも張って、 暗転時に目が光るなんてできたらいいな、なんて思ってたり。 クオリティが低くて全然怖く見えないからこそ、 実現できるかもしれません。 多分しないだろうけど。 うーん、手がねんど臭いです。 保育園児の手のかおりがします。