スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

いつも心にケコミを

(注)長いです。 それでも読んでもいいよという方はどうぞ。 ちょっと今はいいかな、という方には、これだけお伝えします。 3年間ありがとうございました!!!楽しく人形劇できて幸せでした!!! by おとうふ えっこの先も読んでくださる?? ありがとうございます、どうぞ。↓ ……お久しぶりです。 実は早くから卒業ブログを書けと言われていたのですが、書きたいことが多すぎてどうしようと思っていた結果、卒業生ラストになってしまい、昨日卒業式も終わり4年の他の方が少しずつつくばから出て行ってしまう時期に。(寂しいです) (いるのか分からない)読者の方を遠ざけるくらいまとまらない長い文章になりそうですが、もういいやブログ書きます。 まずは、入団してからこれまで自分に関わってくださった方々に感謝を。 3年間ありがとうございました。 皆さまからいろんなことを教えていただきました。 人形の持ち方や、ジャガイモのむき方や、宣伝美術の作り方や、役者としての発声の仕方や…… でもそれら以上にノイや人形劇で知り合った方々から学んだのは、人形劇の楽しさだったような気がします。 みんなでわいわいして、楽しく人形劇を作っていくこと、世界の様々な人形劇を観劇して感動すること、不完全な形でもそれを取り入れたり新しい要素を付け加えたりして次の公演を作っていき、どこかの誰かに届けること。 どれも、ノイでしかできないことだったと思います。 最初にノイの公演を見たのは、2015年新歓公演の「幸せな王子」という作品でした。 そのとき、影絵がぼんやりしたりはっきりしたりと独特の動きをすることと王子の目のエメラルド(でしたっけ?)がとりはずされてツバメが持っていくこととかにワクワクした記憶があります。 それからノイに入団して新人公演のときは楽しかったけどとにかく大変で。 いいだではいつも様々な人形劇に度肝を抜かれて。 ~いろいろカッツアイして3年経過~ 最近、後輩のみんなが追いコンを開催してくれました。 そのとき卒業記念品をいただいたのですが、寄せ書き+卒公の集合写真の合体したものでした。 その枠がよく見たらケコミをミニチュアで忠実に再現したもので、ケコミそっくりの木製で、黒いケコミ足まで再現してあるんです。 あと、卒業生は今年3人ですよね?ケコミ

最後の時報です

こんにちはお久しぶりです。時の鐘が19時くらいをお知らせします。 時が経つのは早いもので、卒業式と引っ越しが目前に迫っています。 部屋の荷物をまとめていると急に卒業が現実味を帯びてきてしんみりしますね … まだ全然荷造り終わってないんですけどね。 あまりにも終わらないのでノイブログを書きます。 卒公から時間が空いてしまいましたが、ご来場頂いた皆様、そしてお手伝い頂いた方々、本当にありがとうございました。 今回は宣伝美術を作ったり人形を作ったり役者をしたり … と久しぶりに盛り沢山な公演でした。 宇宙人くんの宇宙旅行は「前に似たようなことされた気がする … 」「何故かこの台詞言ったことある気がする … 」の連続でした。出てくる人形も個性的で、舞台上が賑やかで楽しかったです。 客席から見ても絶対楽しいと思うので、覚悟が決まったら公演映像を…見ます… ことだまの海は初めて尽くしの演目でした。 お話が好きで、その雰囲気を壊したくなくて試行錯誤した結果があのサカナなのですが、どうだったでしょうか。彼も感情を持って生きていることが少しでも伝わっていれば本望です。 私自身はサカナを持っている間ずっと楽しいな~という気持ちでいっぱいでした。本当に楽しかった … めっちゃ楽しい … 粗はたくさんあったと思います。けれどサカナは今の私にできる精一杯で、私の 4 年間です。 あのお芝居の一端を担えて幸せでした。ありがとうございました。 それから、実は後輩と共演するのは今回が初めてだったんです。最初で最後になってしまいましたが、 頼もしさと強さを要所要所で感じました。強い。これからも応援させてください。 結局引っ越しの荷物もブログの内容もうまく纏まりませんでした。今ちょっとうまいこと言った気がしましたが多分勘違いです。 人形劇はおもしろくて、私は人形劇がどうしようもなく好きなんだと思い知らされた卒業公演でした。きっと私はこの先も人形劇が大好きです。 4 年間ありがとうございました! 時の鐘

卒公千秋楽です(3/14追記)

おはようございます。ねごとです。 気合いを入れてぱっちり~の儀式をしたら威力が強すぎて二度寝できません。 とうとう、本日が卒業公演2018「encounter」の千秋楽となります。 いろいろとアクシデントがありましたが、昨日の初回公演を無事に済ませられました。 はじめての棒人形、はじめてのスタッフに挑戦する1年生… 1年生を見守り4年生を気遣いながら全体を支えてくれた2(3)年生… 卒展や研究室、入学試験などに追われながらも稽古をこなした4年生… その他外部からのお手伝いさんも迎え、もはやノイ恒例となった多国籍軍で頑張っております。 ここでは、演出兼制作兼見えない中の人ほか…のねごとから改めて広報をば。 encounter……「うっかり出くわす・遭遇する」とか「出会い」とか、そんな感じの意味だと思うのですが。 今回の公演でもいくつかの「出会い」を描いています……そして「別れ」も。 それでいて、タイトルには宇宙と海……小さな劇団が調子にのってなんともスケールの大きな話にしてしまったものです。 わたしもまたノイでいろいろなものに出会いました。 ノイとの出会いがいろんな出会いを生み出し……面白い仲間たちだったり、素敵な人形劇だったり…はたまたお客さんだったり、自分自身の知らない一面だったり。 この広い宇宙で生まれた小さな何億分の1の「出会い」が、いったい何をもたらしたのか。 そんなことを考えながら、楽しんでいただけたら幸いです。 本日の公演は1B208教室にて、13:00~と16:00~の上演です。 お昼の公演には学外から特別ゲストの方が前座をしてくださるとのことですよ! 皆様のご来場、心よりお待ちしております! がんばるぞ! ねごとでした!!! ~~~~~~~~~~ さて、卒公が終わりました。 ねごとです。 卒業生のみんなにノイブログ書いて~~~!と頼んだのですが、様子を伺うばかりで誰も書いてくれないので、ねごとがこちらにこっそり書き足す形でお邪魔します。 これを書いた日は3月14日。わたしの誕生日なのですが、ノイのみんなには追いコンのときお祝いして頂いたのであまり実感はありません。 (その節はありがとうございました……ノイだけでなく、他のたくさんの関係者の方から祝電を頂いたのでこの場を借りて御礼申し