スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

折り紙が折り紙でなくなる時

最近クリスマス話題多いですね。 私は、クリスマスは レポートと ふたりっきりですごします…… おとうふです。 クリ〇〇(クリパ、クリぼっちなどなど)と聞くと、脳内で栗と変換されてしまいます。 (栗を食べるパーティー?一つの栗?) 栗が大好きなおとうふです。栗を食べる機会なら逃さない!!(笑) 栗話題はこれくらいにして、 12月19・20日にあった劇団筑波小劇場さんの12月公演で客スタッフをした話を書こうと思います。 前回のブログにねごとさんが書かれていたように、 私は今回小道具助手として公演にかかわらせていただきました。 風邪を引いたりして、 あまり公演に関わっていない新米なのに、勝手な感想を書くことになると思います。ごめんなさい。 ただ今回の公演に関わらせていただいてとても勉強になったので、それを書いていきたいと思います。 私が今回小道具助手として作成したのは、折り紙でつくった星です。 私は折り紙が大好きで、幼稚園の頃から折っていました。 でも、これまで折って来た折り紙は、折り紙の役割を超えることはなく、飾って楽しむものでした。 今回、折り紙を初めて演劇で使っていただいて、 折り紙が劇中の世界の中で「きら星」という役割を演じていてすごくうれしかったです。 折り紙が飾って楽しむものではなく、もっと動的な役割(空から降ってくるなど)を担っていて、 本番には折り紙で作ったということすら忘れてしまうというところに演劇の力を感じました。 その他にも、接客業のアルバイト経験が全くない中初めて場内をして、 「いらっしゃいませ」というだけで緊張したり、 初めてのビラ配りで知らない人に声をかけるのに緊張したり、 でもビラをもらってくれる人がいたら安心したり、 色々な経験をすることができました。 何か新入団員であること丸出しな感想を書いていますが、 とにかく本当に楽しい経験でした。 この経験を人形劇でも生かしたいです。 人形劇といえば! 各劇団さんの冬公演のパンフレットの中に、 人形劇団NEUの卒業公演の宣伝ビラが挟まれているのを観に行った皆さま発見されたでしょうか? NEUも年明けの外部公演や卒業公演に向けて活動が始まりそうです! 私は今からワクワクドキドキしています。

干し柿のきもち

ねごとです。 ……… ……ねごとです。 ちょうど部屋にひとりになって寂しくなったので、期末レポートの代わりにこれを書いています。 迫りくる現実に寒気がしたところで、最近の近況報告をしたいと思います。 去る12月4日金曜日、ノイは鍋会を行いました。 あらあらもう12月ですって、びっくりです。 場所はねごと宅で、豆乳のお鍋と生姜のお鍋をしました。ぽかぽかあたたまりました。 今回はねごとが出てしまった間、金平糖さんと時の鐘ちゃんが準備をしてくれた(時の鐘がスープを鍋に入れた!!!)ので、ねごとはろくに働けていませんでした。 風邪をひいて欠席したおとうふちゃんも交えて、またやりたいですね。 それと、このとき今年度卒業公演の概要についてもちらっと話しました。 コンセプトシートを読んだところ、すごくすごく素敵なものができそうな予感がします。今から楽しみです。 そしてそして、12月5日~6日の土日は、ねごとは芸サ連の長が集う「リーダー研修会(略してリー研)」に行って参りました。 サークル活動を取り仕切るリーダーとして相応しい人格とは何ぞや?芸サ連とは何ぞや?といったものを学びに遙かグンマ―の地へ赴きました。 友達増えるかな~と思いました。Twitterのフォロワーがちょこっとだけ増えました。 それだけでした。 あ、あとご飯がとても美味しかったです。 そんな感じで、最近のねごとはお芝居したり、ご飯を食べたり、ノイのお仕事したり、実験やったり、レポート書いたり、お芝居したりしながら日々を送っております。 ………おっと。お芝居の話してませんでした。 ねごとは現在、同じ劇団系サークルの劇団筑波小劇場さんのもとへ、客演として修行させていただいております。 なんとびっくり、性懲りもなく人間芝居です。人形劇の人なのに。 稽古を重ねるたびに、いろいろなことに気づかされます。 自分が思ったより、人形劇の枠にとらわれていたこと。 自分が思ったより、人見知りで緊張しいだったこと。 自分が思ったより、自分の身体は大きくて扱いづらいこと。 こうして書いているとだんだん辛くなってきますね。安心してくださいまだ泣いてないです。 今も通しが終わってダメ出しを受けた直後なのでね。いやあ~たのしいですね。