スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

【大切なお知らせ】予定していた公演内容を変更します

いつも人形劇団NEU ノイブログをご覧いただきありがとうございます。 制作中の「ことばのない人形劇 スーホの白い馬」について、誠に勝手ながらキャスト都合により公演予定を変更いたしますので、お知らせいたします。 【変更内容】 ●5/4(土)@南大塚文化創造館 (池袋いけいけ人形劇まつり公演) →公演を <中止> いたします。本会場での公演はございません。 ●5/11(土)12(日)@筑波大学中央図書館(新歓公演) →12日の公演作品を「おとしもの」(2018年制作)に <変更> いたします。また、 11日は公演をおこないません。 →本会場での公演の詳細については、近日中に再度お知らせいたします。 ご迷惑・ご心配をおかけいたしますことを、団員一同深くお詫びいたします。 本件についてご不明な点やお問い合わせがありましたら、人形劇団NEU 公式Twitter / 公式LINE へお問い合わせください。 今後とも人形劇団NEUをよろしくお願いいたします。

春と睡眠と新歓と(イベント開催のお知らせ)

「春はあけぼの」―― かの有名な”枕草子”の冒頭の一節ですね。 清少納言は「春は明け方くらいが良い」と言っているわけです。つまり早起きです。 皆様、朝はちゃんと起きることが出来ているでしょうか。 自分はというと、「春眠暁を覚えず」を体現しています。つまり明け方はまだ寝てます。 一週間の内、唯一1限がある水曜日がちゃんと起きられるか心配、そんな日々を送っている水田という者です。 そろそろ新入生の方などが読み始め(てくれてい)る(と嬉しい)時期なので、改めて明言しておきます、読みは「すいでん」です。 前置きが長くなりました。そろそろ本題の新歓イベントの情報とまいりましょう。 という訳で、来たる今週の木曜日、つまり 4月18日 、我々人形劇団NEUは ”人形・影絵ワークショップ” を開催します。いえい。 「何のことやら」「何をやるんだ」と思ったそこのあなた(いるのかしら)、もちろん今からどんなことをやるのか説明します。 このワークショップ(以下、WS)では、なんと!その名の通り!「人形や影絵を実際に来ていただいた方々に見て、持って、触って、体験していただいて、あわよくば我々の雰囲気をつかんでもらおう!」という企画になっております。 人形WSの方では、上記のような過去に我々が実際に劇で使用した人形を使って、皆さんに動かし方を体験してもらおうと思います! 我々が有する人形には、去年の公演のために作ったものから、中には自分が入団するよりもずっと前の時代に作られた人形までいます。 はてさて、当日は一体どの人形がやってくるのでしょうか…ぜひお楽しみに! また、影絵WSの方では、上記のような紙を使ったものから、我々自身の’手’を使って表現するものまで、幅広い種類の影絵を紹介し、体験することが出来ます! 一見シンプルそうに見えるこの影絵も、やってみると中々奥が深いもので、皆様に十分楽しんでいただけることと思います。 WS開催時は放課後なので、きっと、おそらく、たぶん、美しい光と影の世界が見れるのではないでしょうか、こちらもお楽しみに! さて、ワークショップの’日’は前述のとおり4/18でありますが、続いて’時’と’場’のお知らせをします。 時間は 19:00-20:00 の一時間程度、場所は 第2エリアA棟408号室 での開催を予定しております。 なお当日