スキップしてメイン コンテンツに移動

春と睡眠と新歓と(イベント開催のお知らせ)


「春はあけぼの」―― かの有名な”枕草子”の冒頭の一節ですね。
清少納言は「春は明け方くらいが良い」と言っているわけです。つまり早起きです。
皆様、朝はちゃんと起きることが出来ているでしょうか。
自分はというと、「春眠暁を覚えず」を体現しています。つまり明け方はまだ寝てます。
一週間の内、唯一1限がある水曜日がちゃんと起きられるか心配、そんな日々を送っている水田という者です。
そろそろ新入生の方などが読み始め(てくれてい)る(と嬉しい)時期なので、改めて明言しておきます、読みは「すいでん」です。

前置きが長くなりました。そろそろ本題の新歓イベントの情報とまいりましょう。
という訳で、来たる今週の木曜日、つまり4月18日、我々人形劇団NEUは”人形・影絵ワークショップ”を開催します。いえい。
「何のことやら」「何をやるんだ」と思ったそこのあなた(いるのかしら)、もちろん今からどんなことをやるのか説明します。
このワークショップ(以下、WS)では、なんと!その名の通り!「人形や影絵を実際に来ていただいた方々に見て、持って、触って、体験していただいて、あわよくば我々の雰囲気をつかんでもらおう!」という企画になっております。
f0163746_16044704.jpg
人形WSの方では、上記のような過去に我々が実際に劇で使用した人形を使って、皆さんに動かし方を体験してもらおうと思います!
我々が有する人形には、去年の公演のために作ったものから、中には自分が入団するよりもずっと前の時代に作られた人形までいます。
はてさて、当日は一体どの人形がやってくるのでしょうか…ぜひお楽しみに!
f0163746_01503668.jpg
また、影絵WSの方では、上記のような紙を使ったものから、我々自身の’手’を使って表現するものまで、幅広い種類の影絵を紹介し、体験することが出来ます!
一見シンプルそうに見えるこの影絵も、やってみると中々奥が深いもので、皆様に十分楽しんでいただけることと思います。
WS開催時は放課後なので、きっと、おそらく、たぶん、美しい光と影の世界が見れるのではないでしょうか、こちらもお楽しみに!

さて、ワークショップの’日’は前述のとおり4/18でありますが、続いて’時’と’場’のお知らせをします。
時間は19:00-20:00の一時間程度、場所は第2エリアA棟408号室での開催を予定しております。
なお当日は、イベント開催時間より前に、中央図書館前にて団員がオレンジののぼりを持ってお待ちしております!
もちろん、新入生の方でなくとも、我々に興味のある方の参加も大歓迎です!他劇団の方でも是非。
また、イベント終了後には食事会も予定しておりますので、お時間の方あれば、そちらもご参加ください!

ここまで長々と説明してきたわけでありますが、これでなお書き漏れがあることも否めません。
という訳で、何か質問がございましたら、公式LINE公式Twitterのほうへいつでもお問い合わせください。
またこちらの方では、様々な情報を配信しておりますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

あまり人前では出さないテンションで書いた文章なので、中々に疲れましたね。
読み返すと、やけにエクスクラメーションマークが多い気が。どうでもいいですけど「エクスクラメーションマーク」って響きがいいですよね。そんなことないですかね。
何はともあれ、当日皆様が参加されることを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いします。
それでは。















コメント

このブログの人気の投稿

残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

舞台裏に魅せられて:作品を支える機材&取り組み

壊れていた自転車のチェーンカバーがついに直りました。宴です。 1年から乗り続けて4年目に突入した宴's チャリですが、つくば-東京を往復したり山登りをしたりで走行距離をガンガン伸ばしており、あちこち修理を重ねて現在に至っています。 卒業まで最低でもあと1年は乗る予定です。もう少し頑張ってくれ…… さて今回のブログ、ノイの 機材や道具に隠された秘密 をご紹介したいと思います。 学内外を問わずあちこちを飛び回って公演をしているノイですが、筑波大の劇団サークルとしては最も小さい団体です。 舞台設営や上演に使う道具を改良し続け、少ない人数でも公演が打てるよう様々な取り組みをしています。 【舞台設営】 筑波大の演劇サークルで唯一、学外でも公演をするノイ。舞台は全て持ち運んで、あっという間に組み上げられます💪 どんな場所での上演でも、妥協のない舞台をお届けするのがモットーです。普段はお目にかからない設営風景をどうぞ! #ノイ新歓2020 pic.twitter.com/9QMENcY8s9 — 筑波大学 人形劇団NEU / Puppetry Troupe NEU (@tsukuba_neu) May 6, 2020 この記事を書いている宴(情報メディア創成学類4年)は、何を隠そう 機材や道具が大好きで、メンテナンスや改造をしまくってきた張本人 です。個人視点でなにを書いてもいいって言われた(言われてない)ので、今回はちょっとコアな内容でお届けします!わあい! 【目次】 【もっと速く簡単に】舞台装置 【より綺麗に、より手軽に】音響・照明 ホールの環境に近い照明 オペレータの人数削減 まとめ <ちなみに>やっぱりすごいプロの技 【もっと速く簡単に】舞台装置 劇団系サークルの多くが単管と木板で組まれた舞台を作るなかで、 大量の幕でできたノイの舞台 はある意味特徴的です。背景となる大きな幕(大黒)や、役者を隠す袖幕などを並べます。 「おとしもの」より(@筑波大学中央図書館 / 2019) 「Compass」より(@学内教室 / 2020) この幕は、かつてはプラスチックの軽量パイプを組み合わせて作っていましたが、いくつか短所がありました。 (枠が歪むので) 寝か

いじわるなおんなのこ

こんにちは、(うまく仕事できなくてしかられてばっかりのWeb担当)風鈴です。 とりあえずNEUの公式HPを卒業公演向けに更新しました!!!というところなのですが。ええ、無事に更新できましたぱちぱちぱちー。 個人的にとても卒業公演を楽しみにしております。但し自分が関われるのはスタッフのみ……(SHU☆KA☆TSUとかいうやつのためです)なのですが、陰ながら応援してたりします。 伝えたいのはほんとに卒業公演向けにHP更新したよ!ってだけなんですけど、タイトル意味深ですよね。こういうことです。↓ こんなエラー表示が出るんです。更新の度に。ちなみに、基本的には更新は反映されるんですよこれが出ても。いじわるですよねーこの子。 そんないじわるな愛機ではありますが、しかも最近はたけくらっしゅおこして大変なんですけど大事に使ってます。(つまりおんなのことはパソコンのことです) なにが言いたいのかよくわかんなくなってしまいましたが、卒業公演楽しみに待ってます!