スキップしてメイン コンテンツに移動

こまったさんのクリームシチュー


帰省が終わり、つくばに一人。

また自分のためだけに献立を考え、

自分一人で自分しか食べない料理をする日々に。

そして洗濯掃除買い物風呂沸かし美容etc

家事+αを真面目にやってたら

それだけで人生が終わることを実感中。

ため息がでます。



昔はおいしいものが食べたいからという

非常に単純な動機で自炊が続いておりました。

しかしね、最近違うのです。

別に自分が美味しいものを

食べなくたってよいのですよ。



実家で母と一緒にちょびっと凝った料理に

挑戦してみたのですけど。



かぼちゃの皮をむき

その他の野菜と一緒に細かく切って、

バターと一緒にいためたり

とろとろに煮た後に

ざるでこして

再び火にかけて(以下略)



とまあ、書くのも読むのもめんどくさい

工程を経てかぼちゃのポタージュなんか

作っていたわけです。



まあ、そこそこ手をかけて作ったので

それなりに美味しかったんですけど、

別に感動はしないな、と

苦い気持ちになったのでした。



子供の時、好物は母から母の分までもらってましたけど、

ジャイアンだった私は母の気持ちを

理解できませんでしたっけ。

「なんでこんな美味しいものが嫌いなんだ?」って

美味しいもの=誰よりも多く食べる

まずいもの=嫌いだから他人にあげる

という思考回路の貧乏くさい子供でしたので。



てっきり母はプリンやからあげが大っきらい、

子供の私は食べ残しが出ないように

処理しているんだ、とか思ってたような。

自分地球にやさしい!とか。



そういえば、そんな感じで

残飯処理の使命に燃えた小学生時代の給食の時間

私の器にはニンジンがこんもりでしたっけ。

今考えるといじめと愛されるって紙一重ですね。

何も気付かず大好きなニンジンにほくほくしていた

幸せな子供でした。



今なら母の気持ち、ちょっとは分かる、かな。

多分、お母さんはプリンや唐揚げが大好きだったんだろな。



これが成長なのかなとしみじみと思い、

成長した代わりに自炊率が減ったので、

これは成長なのか退化なのか。

しみじみです。



ところで、今さらだけど、

ノイブログって私物化してよかったんでしょうか。



自重しようとした時期もありましたが、

ノイの裏ページがなくなりましたもの。

超どうでもいいことがあっちに書けなくなって、

つい、ね。



ま、いいや。まとまらないけど、

超どうでもいい話だからいいよね。

おーわり。












コメント

このブログの人気の投稿

ウキウキ

わーい 始まりました。新ドラマ「メイちゃんの執事」! イケメンパラダイスと雰囲気そっくりなんですけど! でもスタッフの人は企画の人しかかぶってないなんて驚き! キャストは若干かぶってるけど。 あーでもこういうの好きだー ウキウキするー 学園もの好き! キャストもすごいいいし! いい人ばっかりだ!素敵! 理人の笑顔が素敵! メイちゃんかわいい! いますごい幸せオーラに包まれています☆ フジテレビ万歳!テレビ万歳! 日テレの「神の雫」もおもしろそ! マンガ原作万歳! 宇宙

明日から旅に出ます

こんばんは、胃腸薬です。 今日で今年度も終わりですね。 私の人生も、今日を最後に学校という温室を出るわけです。 昨日30日(水)は、つくばで後輩たちが追いコンを開いてくれました。 裏では、「はっちー二十歳の会」も粛々と進められており。 楽しかったです。 カメラを忘れたのは痛かったですが、 かわりにはっちーカメラを我物顔で使わせてもらいました(笑) 明日は記念すべき第一歩の日ですが、いま、かなりネガティヴな気分です… 緊張だし。入社前課題の進みがよくないし。これがもとですぐ解雇されちゃったらどーしよー。 明日はともかく、なんで私服仕事なのよ。何着りゃいいのよ… このように、思考がどんどん暗いほうへ行くわけです。 でもまぁ、やるしかないですからね! 仕事がある、てありがたいよね。やることがある、ていいよね! たたかいますよ!私、胃腸薬は! 最後のノイブログは、もっと感慨深いことを書きたかったですが(笑)、 こんなんなりました↑ 今後のノイブログを楽しみにしています。 みんな、楽しくノイってってください♪ では!

しごと

就活始めて、仕事や自分の将来についてもやもや考えます。 面白そうだなーと思うことはたくさんあるけど、自分の能力を考えると・・・。 何でもできそうな気がする時もあるし、何にもできない気がする時もあります。 同年代で活躍している人がうらやましいです。 昨日の話の続きで、今日雑誌の表紙のモデルさんを見ていて思いました。自分が載っている雑誌が捨ててあったらショックだろうなと。でも雑誌はほとんどが捨てられる運命な訳で、どんな気持ちなんでしょうね。 そんなことを考えて、なるべく捨てられないものを作る仕事がいいなぁと思いました。また気が変わるかもしれないですけど。 宇宙