スキップしてメイン コンテンツに移動

秋の夜長に、


こんにちは。超お久しぶりのピカいちです。

大学は今まさにテスト期間。連日レポート作成に追われる中、息抜き、もとい現実逃避しにこちらへ立ち寄りましたが、只今ノイは充電期間のため、ノイに関することは特に書けません。ブログの私物化をお許しください。



さてさて、何かためになることを書きたいなーと思って至った結論が、大好きな「映画」。今年は特にたくさん観た気がします。はたしてためになるかは謎ですが、今年観たDVDで今も印象に残っているものを軽くご紹介。なるべくいろんなジャンルから選んでみましたが、あくまで個人的な感想ですので、あしからず。



寒い日の夜は、おうちでまったり映画を観るのはいかがでしょう?







*まずは洋画4本。



 ・「ファンタスティック Mr. Fox」(2009年、ウェス・アンダーソン監督)

CG技術で魅せる時代に、あえてのストップモーション・アニメ。人形の表情の細かさと、たまに垣間見えるぎこちない動き(笑)に温かみを感じます。ある意味質の高い人形劇。



・「アメージング スパイダーマン」(2012年、マーク・ウェブ監督)

いろんな人におすすめした映画ですが、映像、ストーリーともに完成度がとても高かった。アクションシーンは、一種のアトラクションのようでした。最近DVDが出ましたが、できれば3Dで見てほしかった作品です。



・「アマデウス」(1984年、ミロシュ・フォアマン監督)

高校の音楽の授業以来、久々に観ました。モーツァルトとサリエリの人間関係や、当時の建物や衣装の美しさなど、見どころ満載です。クラシック音楽に全く詳しくない私でも楽しめました。音楽物だと、他に「シャイン」(1996年、スコット・ヒックス監督)も好きです。



・「幻影師 アイゼンハイム」(2006年、ニール・バーガー監督)

CGを駆使した映像美もさることながら、予想だにしないどんでん返しな結末に心打たれました。私的に、観た後誰かにネタばれしたくなる映画1位です。





*ここからは、DVD化された舞台作品をいくつか。舞台は生が一番ですが、編集された映像だと役者さんの細かな表情が見れたりと、また違った楽しみ方がありますね。



・TEAM NACS「HONOR~守り続けた痛みと共に~」(2007年上演)

笑いあり涙あり、分かりやすく格好いいNACSさんの舞台はどれも大好きなんですが、「HONOR」は中でも非常に感動できる味わい深い作品です。ラストの太鼓舞は鳥肌物。あと、副音声の馬鹿馬鹿しさもたいへん微笑ましいです。



・ザ・プラン9「サークルS」(2003年上演)

お笑いユニット ザ・プラン9の初期の作品で、笑いと芝居が融合した舞台。芸人とは思えない格好よすぎるオープニングと、ラストの衝撃の展開は必見です。



・「舞台NECK ネック」(2010年上演)

ジャンルとしてはホラーコメディ?円形劇場を活かした演出が見事で、円形の舞台上に、役者さんが首まで埋まってる状態で物語が進みます。ホラー的要素、グロテスクな描写を含みますので、苦手な方は要注意です。

余談ですが、円形舞台作って、四方から見られる状態での人形劇も面白そう、なんて思います。







…ふう、長々と失礼しました。そしてここまで読んでくださり、ありがとうございます。

書いてたらまた映画が観たくなりましたが、あきらめてそろそろレポートという名の現実に戻ることにします。












コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

4月1日はエイプリルフールで「お逝きなさい」は空高くスカイハイ

ぐるぐるです。 忙殺される原因を洞察しようと思索に耽ることで倒錯の世界に逃避し、結果として忙殺されるのだという考察に私が初めて至ったのは、いつのことだっただろう?私がそれに気付かされるのはいつも決まって多忙な時である…(こっから回想シーン)。 というわけで例によって実習室にこもっています。例によるというけれど、僕は何もいつも実習室にこもっているから今ここにいるわけではありません。例によってやることがあるからです。もちろん、僕にやることがあるのも、例によるからではありません。この場合例によるというのはつまりその、なんていうか、うまく言えないんですが、というより認めたくないんですが、要するに僕はいつも実習室にこもっているんだってことなのです。例とはこれまでの事例のことを言うんですもんね、当然ですよ。最近自分の進路について、非常に悩んでいます。悩んでいるというよりは悔いております。なんでもっと早く動き出さなかったンなろうなーって。数学を勉強しない学類に入って数学の教師になろうなんて、ね。自分で勉強する方法はあったのに。少なくとも大学にいるうちの方が絶対に勉強に時間を割けるのに。今日は県職員の採用ガイダンスに行ってきました。地元だったんで知り合いに会いましたよ。まぁその知り合いはともかく、周りは自分よりよっぽど真剣に卒業後を考えてるんだろうなーなんて考えてました。今からでも頑張ります。はい。でも頑張りたくないんです。これは困りましたぞ。やりたくないことばかりやってる気がする。こうやってノイブログに愚痴を書き込むのだって、逃避としてやっているのでしょう。逃避って、嫌なことから逃げるときにするものなのに、逃避としてやってることって、楽しめないんですよね、当り前か。ぷよぷよがいかに素晴らしいゲームであっても、逃避場所としての素晴らしさは持ち合わせていないのかもしれません。逃避としてなら部屋の掃除の方がよっぽどいいですね。結果が生活の中に残るから。まぁ僕の今までの人生基本的に逃げでした。消去法で選ぶんですよ。逃げても逃げても、今まではなんだかんだで道がありました。これから先にも道があるのかどうか、僕は不安です。楽な方に逃げたかったのに、どうしてだか辛い方に逃げてきました。結果、やりたくもない勉強をしなければならない。やりたい勉強、というものを僕
残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

舞台裏に魅せられて:作品を支える機材&取り組み

壊れていた自転車のチェーンカバーがついに直りました。宴です。 1年から乗り続けて4年目に突入した宴's チャリですが、つくば-東京を往復したり山登りをしたりで走行距離をガンガン伸ばしており、あちこち修理を重ねて現在に至っています。 卒業まで最低でもあと1年は乗る予定です。もう少し頑張ってくれ…… さて今回のブログ、ノイの 機材や道具に隠された秘密 をご紹介したいと思います。 学内外を問わずあちこちを飛び回って公演をしているノイですが、筑波大の劇団サークルとしては最も小さい団体です。 舞台設営や上演に使う道具を改良し続け、少ない人数でも公演が打てるよう様々な取り組みをしています。 【舞台設営】 筑波大の演劇サークルで唯一、学外でも公演をするノイ。舞台は全て持ち運んで、あっという間に組み上げられます💪 どんな場所での上演でも、妥協のない舞台をお届けするのがモットーです。普段はお目にかからない設営風景をどうぞ! #ノイ新歓2020 pic.twitter.com/9QMENcY8s9 — 筑波大学 人形劇団NEU / Puppetry Troupe NEU (@tsukuba_neu) May 6, 2020 この記事を書いている宴(情報メディア創成学類4年)は、何を隠そう 機材や道具が大好きで、メンテナンスや改造をしまくってきた張本人 です。個人視点でなにを書いてもいいって言われた(言われてない)ので、今回はちょっとコアな内容でお届けします!わあい! 【目次】 【もっと速く簡単に】舞台装置 【より綺麗に、より手軽に】音響・照明 ホールの環境に近い照明 オペレータの人数削減 まとめ <ちなみに>やっぱりすごいプロの技 【もっと速く簡単に】舞台装置 劇団系サークルの多くが単管と木板で組まれた舞台を作るなかで、 大量の幕でできたノイの舞台 はある意味特徴的です。背景となる大きな幕(大黒)や、役者を隠す袖幕などを並べます。 「おとしもの」より(@筑波大学中央図書館 / 2019) 「Compass」より(@学内教室 / 2020) この幕は、かつてはプラスチックの軽量パイプを組み合わせて作っていましたが、いくつか短所がありました。 (枠が歪むので) 寝か