スキップしてメイン コンテンツに移動

ノイ遠足~時の鐘巡礼の旅~


みなさんこんばんは。

欲求に忠実に生きるねごとです。



昨日はノイのミーティングから帰ったあとすぐ20時に寝て、そのまま翌日9時半までぐっすりでした。

そしてその後3・4限が休講なのをいいことに2時間のお昼寝をしました。



さて問題です、わたしはこの間何時間睡眠をとったでしょう?



そんなことはさておき。

先週末にノイ遠足に行ってきましたので、その報告をしたいと思います。



―――――――――

~第n回ノイ遠足~



日にち:11月9日(月・この日は学祭の片づけ日のためお休みでした)

参加者:ねごと・時の鐘(風邪気味)・おとうふ・金平糖



行き先は埼玉県川越市です。

埼玉県民のねごと、東上線沿線に祖父母のお宅があるおとうふちゃんにとってはお馴染みの場所でしたが、ねごとはここにノイの人を連れてきたくて仕方がありませんでした。理由は後述。



10:30ごろに天久保三丁目某所からKPTカーで出発し、そのまま川越に向かいます。

車の中ではなぜか「三年目の浮気」のイントロ部分がヘビーローテーションしてました。



本川越駅でおとうふちゃんを拾い、おとうふちゃんおすすめのお蕎麦屋さんでお昼ご飯を食べました。

揚げ餅ののったお蕎麦と油揚げのステーキが美味しかったです。

そのまままったり。



そのあとは、ねごと一押しの菓子屋横丁へ。

おばあちゃんが店先で焼いてるお好み焼きが美味しかったです。



そしてそして、ノイ一行は「時の鐘」を探し歩きました。



というのは別に時の鐘ちゃんが迷子になったという訳ではなく(代わりにねごとは何回か盛大に道を間違えました)、川越にはその地のシンボルとして「時の鐘」という大正時代来の建築物があるのです。

そんな時の鐘のご本尊をぜひともみんなで見に行きたい、ということでこの遠足が決まったわけですね。



なんやかんやでたどり着いた時の鐘は、なんと耐震工事中でした。

時の鐘、つよくなるんだね。

15:00の鐘の音を聴きながら食べた「いも恋」が美味しかったです。

いも恋という、粒あんとさつまいもが入ったお饅頭です。ねごとは小中学生時代によく家でおやつに食べてました。



それと、通りすがりの学ラン着た男の子が電話で

「もしもし?今時の鐘の下にいるんだけど」

と話していたのが聞こえてきて大変面白かったです。



その後は蔵造りの建物の並ぶ道を散策しながら、各々お土産を購入して帰りました。

金平糖さんは日本酒「時の鐘」とラッコのハンカチ、時の鐘ちゃんは時の鐘てぬぐいを買っていました。



夜ご飯はつくばに戻ったあと、夢屋に行きました。

大きなチキンカツの乗ったかつ丼が美味しかったです。



そんな感じです。

感想の7割方食べ物ですね。すみません。ねごとに書かせたらこうなるんです。

川越は見るところも美味しい食べ物もたくさんあるので、ぜひまた行きたいねーと言って帰ってきました。

また行きたいです。



今後のノイは、表だった活動はお休みのようですが、ちょこちょこっとお芝居の話をしたり、ご飯を食べたり、課題や研究と戦ったり、他劇さんの公演にお手伝いしに行ったりといった感じで進んでおります。

かく言うねごとも、現在他劇さんに絶賛身売りをしております!

がんばるぞ!!

うん……がんば…る……

……ところでお腹空いたなあ。

芋けんぴもりもり。



という感じで、ノイ団員の他団体での頑張りようについてはまた後日詳細をお知らせできるかと思いますので、お楽しみに。





長々と書いてしまいましたが、最後に川越遠足中一番わらったハイライトをどうぞ。

f0163746_23201927.jpg




一同「「「「時の鐘、左折しなきゃ!!!」」」」



ここまでお読みいただきありがとうございました、ねごとでした。












コメント

このブログの人気の投稿

深夜の実習室で

やっぱりね、普段ネットにつながらない環境にいるとその反動が出ますね。 もう2:00ですよ。でもね、今回は仕方ないです。とあるブログを本当に夢中になって読んでいました。 その名も「ママの○○○○退治!体験談☆」。○○○○にはあの虫の名前がカタカナで入ります。 すでに目を通したことのある方もいるのでは? なんかね、凄そうですね、この人。 いろいろ読みましたよ。ええ。でもマユアルは有料ですか…。メールでも丁寧に答えてくれそうな感じですが。 カテゴリー「○○○○恐怖体験」がね、気になって仕方ないんですが、怖くてクリックできません。 まぁとにかくね、今すぐ部屋に戻って掃除したい気分ですよ。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて

ふらふら

よその団体をふらふらし始めて4ヶ月… ノイに戻ってきました、はっぱです。 人形じゃできないなー。という演目のスタッフを1つ。 人形じゃやりたくないなー。という役を1つ。 人形だからやりたいなー。と顔を突っ込んだのが1つ。 各方面には多大なるご迷惑をお掛けしました(土下座) 仲がいい身内は居心地がいいけど、居着く場所ではなくて帰ってくる場所らしい。 ソースは某SNSより。 割と今そういう気分です。 楽しかった。 けどしっくりくるのはノイだなー、と。 そんな感じです。 うん。 鍋食べたい。 脚本コンペしたい。 人形劇観たい。 海ネズミの国行きたい。 照明で遊びたい。 そんな感じです。 …全て3ヶ月のノイの活動の中で叶えられることでしょう。 ノイブログが冬仕様でいいですね。 雪降ったら雪合戦を企画したい。