スキップしてメイン コンテンツに移動

【いいだ2日目】あつい


お久しぶりですやまびこです。
2日目のブログを書こうとしていたら4日目が始まっていた。なんということでしょう。2日目の報告します。

8月4日 天気:もうしょび

いいだ2日目、歩きました。歩いた記憶が大半を占めている。
他にもいろいろあったはずなので順繰りに振り返ります。

昨日はいいだに到着し、諸々の受付を済ませ、夜ご飯を食べ公演を観て、ギリギリでお風呂に駆け込み就寝でした。
何が言いたいかと言うとですね、つまり、あの、
翌日の食料の!!!買い出しをする時間がなかった!!!!!

2日目の朝ごはん、梅干しを想像しながら白米をいただきました。(公演をおかずに白米を食べるという上級ワザを某先輩から教わったのはお昼のこと)

というわけで最初に行ったのは食材の買い出しです。朝から暑かった…。豊かな食生活にすべくいろいろ買いました。とうふとか。料理の腕が食材に追いつくのかは置いときます。パンも貰いました。いいだの人ってすごくあったかいですよね。

さて、今年は中心市街地に設置されている番人達を探すイベントや人形を展示しているお店を巡るスタンプラリーとかをやっているそうで、公演までの時間まわってみたのですが、暑い!!とにかく暑い!!!この時間にやることじゃなかったですね。あとスタンプラリー、これが結構難しい。ぼーっとしてたらすぐ見落とします。スタンプ求めて三千里。いま半分くらい集めたんですが果たして帰るまでに達成できるのか否か。

お昼からはむすび座さんの公演「ピノキオ」を観に行きました。実はやまびこはむすび座さんの公演初観劇なんですよね。黒子の皆さんが歌って踊ってるのを見て黒子の概念が覆りました。特に印象に残っているのはピノキオの鼻が伸びるところやサメのシーン、その手があるかあ!と。人形劇ならではの工夫と黒子さんの動きが組み合わさってとてもリズミカルで楽しい公演でした。(某宴君と違ってやまびこの文章力がないばかりにむすび座さんの魅力を上手く伝えられず申し訳ない…気を抜いたらやばいすごいびっくりみたいな感想しか書けないんですよね)
公演後は児童文化フェスでお世話になりましたこっぷさん、渋滞に巻き込まれたはっぱさん、むすび座さん所属のらくがきさんにお会いしましてお喋りしました。賑やか…!ありがとうございました!

その後のやまびこのお昼ご飯がかき氷だったことは置いといて。2日目はちょうどお祭りだったらしく、人形パレードも見てきました。多くの劇団さんが参加しており人形もいろいろで、見てて楽しかったです。お祭りの雰囲気も味わえて花火も見て夏を満喫した感じです。

だんだん記憶が薄れてきた…。その後は夜ご飯という名の屋台のクレープを食べ、おなじみミッドナイトシアター改め夜の実験劇場へと向かいました。(なんとこっぷさんにも再会)
今回は確か7演目ありまして、それぞれの演目ごとに味も異なり大満足です。大体笑っていた。人形を1人で2体使って会話するの、ノイでもやりたいですね。

そんなこんなで夜のため歩いて公民館に帰宅。この日は合計2万歩以上歩きました。大体ラリーが原因ですね。びっくり。しばらく女子ひとりなので大勢いる部屋の片隅でひっそりと過ごしています。亀戸早く。

さて、公演まで体力は持つのだろうか。料理スキルは上がるのか。
以上、やまびこでした!














コメント

このブログの人気の投稿

深夜の実習室で

やっぱりね、普段ネットにつながらない環境にいるとその反動が出ますね。 もう2:00ですよ。でもね、今回は仕方ないです。とあるブログを本当に夢中になって読んでいました。 その名も「ママの○○○○退治!体験談☆」。○○○○にはあの虫の名前がカタカナで入ります。 すでに目を通したことのある方もいるのでは? なんかね、凄そうですね、この人。 いろいろ読みましたよ。ええ。でもマユアルは有料ですか…。メールでも丁寧に答えてくれそうな感じですが。 カテゴリー「○○○○恐怖体験」がね、気になって仕方ないんですが、怖くてクリックできません。 まぁとにかくね、今すぐ部屋に戻って掃除したい気分ですよ。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて

ふらふら

よその団体をふらふらし始めて4ヶ月… ノイに戻ってきました、はっぱです。 人形じゃできないなー。という演目のスタッフを1つ。 人形じゃやりたくないなー。という役を1つ。 人形だからやりたいなー。と顔を突っ込んだのが1つ。 各方面には多大なるご迷惑をお掛けしました(土下座) 仲がいい身内は居心地がいいけど、居着く場所ではなくて帰ってくる場所らしい。 ソースは某SNSより。 割と今そういう気分です。 楽しかった。 けどしっくりくるのはノイだなー、と。 そんな感じです。 うん。 鍋食べたい。 脚本コンペしたい。 人形劇観たい。 海ネズミの国行きたい。 照明で遊びたい。 そんな感じです。 …全て3ヶ月のノイの活動の中で叶えられることでしょう。 ノイブログが冬仕様でいいですね。 雪降ったら雪合戦を企画したい。