スキップしてメイン コンテンツに移動

カエル→笹法師


3月21日、

この日私はまず茅ヶ崎に行きました。

以前このブログでも紹介した、

Co.山田うん さんの「カエル」を観に。

熱海行きアクティという電車に乗って。

熱海ってこっち方面なんですね。

私もっと西の方だと思ってました。



茅ヶ崎は整備されててきれいな町でした。

演目は、ワークショップ参加者による作品と、

Co.山田うん さんの「カエル」の2作品。

席に座ってたら、後ろからつつかれたので振り返ると、

革命ちゃんでした!びっくり!

休憩中には石山さんや葵さんにもお会いしました。

開演を待っていると、暗転なしで舞台に人が現れて、

後ろからぞろぞろと他の人も集合するという変わったはじまりでした。

今回のワークショップは確か、オーディションがあったらしいですが、

メンバーを見て若干驚きました。

20代のダンスが上手そうな方々に混じって、

40代、50代以上の素人っぽい方々も、混じって踊っているのですコンテンポラリーダンスを。

大勢であわせる部分は、ちょっと周りを伺いながらなかんじで、

こっちもちょっとひやひやしましたが、

後半のソロの部分はとても堂々とされていたし、

最後にごっちゃになる部分では、

とても輝いた笑顔で、ほんとに楽しそうでした。

内容も、緩急があって、バラエティ豊かで、

春の陽気にぴったりなダンスでした。

「カエル」の方は、とてもゆったりした雰囲気のダンスでした。

動きがゆっくりなわけではなく、BGMの影響が大きかったと思います。

こちらには山田うんさんも出演されていました。たぶん。

女性の衣装がとても素敵で、回るとフワッとなるスカートが印象的でした。

スカートって、まわるためにあるんだろうなと思ってしまいました。



革命ちゃんとは東京駅まで一緒に帰り、

私はその後中野にyumehinaさんの舞台を見に行きました。

以前人形劇のサイトでイベント情報を見つけて、

ちょうどいい具合に重なったので行こうと思ったのです。

中野は北口しか行ったことなかったのですが、

南口はちょっとレトロでいい感じでした。

2分くらい歩いたところにある、

「あくとれ」というとても小さい入り口のスタジオが会場でした。

ちょうど、飯田の沢さんの公演見たときの会場みたいな入り口です。

会場に入ると、舞台上にすでに人形がかがみこんでいて、

ほんとに誰か座ってるみたいでした。

演目は、古典に由来したオリジナル作品だったようですが、

冒頭から驚かされたのは人形の動きです。

等身大の子供くらいの人形が、

等身大の子供のように自由に動くのはすごかったです。

リアルさを追求された動きでした。

派手な動きはないのですが、

一つ一つのしぐさが生気を帯びていました。

神秘的で美しい人形の造形も、

この生生しさに大きく影響しているのでしょう。

しかもそれを文楽のように大人数で操るのではなく、

一人で操っているのがまたすごいです。

一人で操るにはやはり無理が生じるところもあるようでしたが、

それでも美しい動きを追求するための工夫が、

目に見えるだけでもいくつも発見されました。

今思い出すと、公演後に人形の裏側とかを、

お願いして見せてもらえばよかったかなあと考えてしまいます。

人形のまた新たな側面、可能性を見せていただいた感じがします。



宇宙



f0163746_14145042.jpg












コメント

このブログの人気の投稿

富士山アネットー不憫ー

14日に体芸中央棟で行われたパフォーマンスを私も手伝っていたのですが、 そこでは3月のコンポタ「さよならワンダーランド」で“チョコレイト”に 出演していただいた石山優太さんも手伝っていらっしゃって、 打ち上げでとっても素敵なチラシ(?)をいただいたので、 皆さんにも宣伝しようと思います。 なんとビニールバックに公演情報など印刷されたものがチラシがわりでした。 サイズはA3くらいで、私もそんなチラシは初めて見たので感激しました! 城さんから話を伺ったところでは、演劇っぽいダンス?だそうです。 ストーリーはあるのだけれど、セリフはなくて、全部動きで表現しているんだそうです。 会場は下北沢のザ・スズナリです。すごいですね。 以下詳細です。 「不憫」 作・演出・振付 長谷川 寧 病院という施設内、其処に居る数々の不憫な人間が、 その肉体を必要に駆られて変えて行く様は、まるで人間の進化。 ●日時 2008.12.26(金)ー29(月) 26     20:00 27 15:00 19:30 28 15:00 19:30 29 14:00 18:00 開場は開演の30分前、受付は1時間前 ●チケット(日時・全席指定) 早割 2500円(振込・11/20まで) 前売 2800円 当日 3000円 学生 2500円(前売当日共・要学生証) 団体 7800円(3名・要予約) ●会場 下北沢ザ・スズナリ 小田急線・京王井の頭線下北沢駅、南口徒歩5分 富士山アネット プレゼンツ 代表の長谷川さんは、パパタラにも参加してるみたいですよ。 http://fanette.fc2web.com/ 宇宙

がおー

初めてノイブログのスキン変えた!今回はオオカミ。がおー こっちの世界は息苦しいね。 寝ても覚めても・・・ 最近のお気に入りはチョコミント。 すうー 先着プレゼント誰か答えてよ (   ̄ ̄ ̄ ̄  ▽   ̄ ̄ ̄ ̄   )  一度は誰もが夢見てそして朽ち果てる。それが人生。 ( ´⊿`) 意固地 ばーか 今日おかしい。いつもより ただただ夢中になりたい。 もやもやしたくない。 やらかした。 最近風邪とかインフルエンザとか流行ってるよ。気をつけてね。 いっぱい写真とろう。 ( ̄。 ̄)( ̄。 ̄)( ̄。 ̄)( ̄。 ̄) がおー がおー がおー
残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。