スキップしてメイン コンテンツに移動

わにがまちにやってきた!




f0163746_23383756.jpg


今日は私一人でプーク人形劇場に行ってまいりました。

一回寄りたかった曲がり角のマックでソフトクリームを食べ、

開演30分前に余裕で到着しました。

来ているのはやっぱり親子連ればかり、

でも、ナチュラルお母さんや、ちょいハデお母さんなど、

いろんな親御さんたちが来ていました。

受付でチケットを買うと、「筑波大学の方ですか?」

と聞かれてしまいました。予約の住所でバレたようです。

受付の方に、ショップの所にいらっしゃった、

筑波大の卒業のプーク女優さんを紹介していただきました。

NEUではなかったそうですが、NEU公演を見たことはあるそうです。

「今も駐車場でやってるんですか?」と聞かれましたが、

駐車場って?どこのでしょう?

「教室でやってます」と答えました。

コンポタ公演の時には閉まってるので、

あまりお目にかかれないショップですが、

人形劇の本とかも端の方に並んでいました。

マッチさんが私の脇を通り過ぎたこともありましたが、

私は帽子かぶっていたから気づかれませんでした。

通りなれた階段を通って客席に、

客席で見るのは去年のこどがく以来2回目です。

前3列は子供席に指定されていました。

しかしこれが問題を巻き起こしていて、

前に座りたくないと直前まで泣き叫んでいる子供もいました。

でも後ろの方の席で前に人が座っていると、

大人でも見えにくそうな感じでした。

会場係のお姉さんたち大変そうでした。

前の席がいっぱいで後ろに座る子供たちには、

お風呂用のいすで底上げするサービスがありました。

開演すると、かみしもの袖のケコミにプー吉(だっけ?)とチビがそれぞれ登場し、

プーク80周年について面白いやり方で紹介してくれました。

「キツネとネズミ」の演目は、パンフを見て驚いたのですが、演者が3人の劇でした。

しかし、テンポのよさと、舞台の工夫があって、それを感じさせませんでした。

人形も、ギニョールあり、棒遣いありと工夫されていて、

子ネズミの足プラプラ加減は特にキュートでした。

「わにがまちにやってきた」は、装置がとても工夫されていました。

シンプルな箱がいろんな形に変形して、場転を表現していました。

それも驚いたのですが、さらにすごかったのは役者さんです。

この演目は演者4人で、そのうち3人は「キツネ・・」と同じ人です。

その役者さんたちの演じ分けが見事で、びっくりでした。

なんで演じ分けがわかったかというと、面包をされてなかったからです。

なんでしてないのか最初は不思議だったのですが、こういうことだったんですね。

演者は4人しかいないのに、出てきたキャラクターは10人以上。

ある場面では一人の人が違うキャラクターのせりふを交互に言っていました。

なんだか演奏のソロパートみたいでした。

そんな感じなので、この劇の人形はほとんどが一人で操作していました。

わにだけが特別な存在で、かなり大きいサイズで、時々二人で操っていました。

わにの仕掛けも今まで見たことないすごい仕掛けで、

まるで手品みたいでした。

キツネの劇は私には少し物足りない感じでしたが、

わには大満足でした。

3月中にまだ何回かやっているので、興味のある方はどうぞ見に行ってみてください。



宇宙












コメント

このブログの人気の投稿

残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

舞台裏に魅せられて:作品を支える機材&取り組み

壊れていた自転車のチェーンカバーがついに直りました。宴です。 1年から乗り続けて4年目に突入した宴's チャリですが、つくば-東京を往復したり山登りをしたりで走行距離をガンガン伸ばしており、あちこち修理を重ねて現在に至っています。 卒業まで最低でもあと1年は乗る予定です。もう少し頑張ってくれ…… さて今回のブログ、ノイの 機材や道具に隠された秘密 をご紹介したいと思います。 学内外を問わずあちこちを飛び回って公演をしているノイですが、筑波大の劇団サークルとしては最も小さい団体です。 舞台設営や上演に使う道具を改良し続け、少ない人数でも公演が打てるよう様々な取り組みをしています。 【舞台設営】 筑波大の演劇サークルで唯一、学外でも公演をするノイ。舞台は全て持ち運んで、あっという間に組み上げられます💪 どんな場所での上演でも、妥協のない舞台をお届けするのがモットーです。普段はお目にかからない設営風景をどうぞ! #ノイ新歓2020 pic.twitter.com/9QMENcY8s9 — 筑波大学 人形劇団NEU / Puppetry Troupe NEU (@tsukuba_neu) May 6, 2020 この記事を書いている宴(情報メディア創成学類4年)は、何を隠そう 機材や道具が大好きで、メンテナンスや改造をしまくってきた張本人 です。個人視点でなにを書いてもいいって言われた(言われてない)ので、今回はちょっとコアな内容でお届けします!わあい! 【目次】 【もっと速く簡単に】舞台装置 【より綺麗に、より手軽に】音響・照明 ホールの環境に近い照明 オペレータの人数削減 まとめ <ちなみに>やっぱりすごいプロの技 【もっと速く簡単に】舞台装置 劇団系サークルの多くが単管と木板で組まれた舞台を作るなかで、 大量の幕でできたノイの舞台 はある意味特徴的です。背景となる大きな幕(大黒)や、役者を隠す袖幕などを並べます。 「おとしもの」より(@筑波大学中央図書館 / 2019) 「Compass」より(@学内教室 / 2020) この幕は、かつてはプラスチックの軽量パイプを組み合わせて作っていましたが、いくつか短所がありました。 (枠が歪むので) 寝か

いじわるなおんなのこ

こんにちは、(うまく仕事できなくてしかられてばっかりのWeb担当)風鈴です。 とりあえずNEUの公式HPを卒業公演向けに更新しました!!!というところなのですが。ええ、無事に更新できましたぱちぱちぱちー。 個人的にとても卒業公演を楽しみにしております。但し自分が関われるのはスタッフのみ……(SHU☆KA☆TSUとかいうやつのためです)なのですが、陰ながら応援してたりします。 伝えたいのはほんとに卒業公演向けにHP更新したよ!ってだけなんですけど、タイトル意味深ですよね。こういうことです。↓ こんなエラー表示が出るんです。更新の度に。ちなみに、基本的には更新は反映されるんですよこれが出ても。いじわるですよねーこの子。 そんないじわるな愛機ではありますが、しかも最近はたけくらっしゅおこして大変なんですけど大事に使ってます。(つまりおんなのことはパソコンのことです) なにが言いたいのかよくわかんなくなってしまいましたが、卒業公演楽しみに待ってます!