スキップしてメイン コンテンツに移動

眠れない夜と、銀河の旅と




こんばんは。深夜ですね。

ねごとです。



公演が近いから、広報活動のためにちゃんとノイブログ書こう!と思いながら、一週間が過ぎ、二週間が過ぎ、いつの間にかこんな時期になっていました。

なんとびっくり、明日から本番の舞台の仕込みが始まります。



先ほど機材をお借りする他団体さんへ一通り連絡して、運搬リストの確認も終わって、さあ寝ようと思ったのはいいけども色々考え事をしてしまって眠れないので、ブログを書くことにしました。

ばかみたいですね。

遠足前の小学生じゃないんだから。



ノイの公演準備期間はいつもあっという間だなあと思うのですが、今回はさらに輪をかけてあっという間だった気がします。

テストと研究法のレポートも重なり、なんやかんやでバタバタと月日が過ぎてゆき、今回公演のことはあまりご紹介出来ていませんでしたね……。



こんな深夜のひとりごとを何人の方にご覧いただけるかわかりませんが、ネタバレにならない程度に、かつスタッフ紹介みたいな感じで(新歓も近いですしね!)少し書いていこうと思います。





まず、今回のお芝居の形式について。

今回の「続・銀河鉄道の夜」は、今までのノイのお芝居とは違った特殊な出遣い(というより半分人間…ごにょごにょ)の形式をとっており、人形と人間の両方で演じます。人形の動きと、それを操作する自分自身の動きの両方を意識しながら演じるというのがそれぞれの団員にとって初めての試みだったので、いろいろ試行錯誤しながら稽古しました。

また、人形も、今までのノイの公演をご覧になったことのある方が思わずクスリとする感じになっていたりします。



どのくらい書いていいのかしら。このくらいにしとこうかしら。



次に、小道具、衣装、舞台美術について。

上に書いたような少々変わったお芝居の形式のため、ものづくり方面でも色々工夫されてたりします。

小道具はおとうふちゃん主導のもと、ノイの新しい文化「折り紙」が大活躍しています。

あんなものやこんなものが一枚の紙を大変身させてできているので、是非小道具にもご注目ください。皆の努力の結晶です。

それから衣装、舞台美術についても……ううん、どれくらい書いていいのかしら。素敵な感じになっていると思います。



最後に忘れちゃいけない、お芝居の内容については、本当に少しだけ。

今回公演は、そのタイトルからわかるように、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を題材に、原作の美しい世界観はそのままに、演出の金平糖さんらしいテイストの加わった素敵なお話になっています。

見どころをここで書くのは難しいですね。

改めて脚本を見ると、それぞれのキャラクターがそれぞれ魅力を持っているなあと思います。

電車の乗客たちも個性的ですし、何よりねごとの演じる役は何といいますか、演じながらその人に血が通ってる感じがすごくして、その姿勢だったり生き方そのものだったりはねごとも何か思うことがあったり。

ねごともいつかこうしたいなあ、というのが少しあったり。

ううん、なんだか上手に言い表せませんけども。日本語話せ。

私の演技でそれらを上手くお伝えできるのか、このお芝居を見てお客さんが何を感じ取ってくださるのか、今から想像しただけでそわそわします。



きっと明日から舞台が立って、照明や音響が入って、一つのお芝居としてより完成に近づいていくんじゃないかなと思います。

もうすぐ本番という意識が未だふわふわしているのですが、いざ明日舞台が立つと思うとわくわくしてきますね。





それでは明日から、頑張っていきたいと思います。

忘れ物しないようにしなきゃ。というかこんなに思いがけず夜更かしして、遅刻したら舞台監督さんに合わせる顔がないですね。この発言がフラグな気がする。怒られないようにしたい。

そんなこんなで、今週末に迫りました卒業公演、よろしくお願いいたします。

おやすみなさい。

ねごとでした。












コメント

このブログの人気の投稿

富士山アネットー不憫ー

14日に体芸中央棟で行われたパフォーマンスを私も手伝っていたのですが、 そこでは3月のコンポタ「さよならワンダーランド」で“チョコレイト”に 出演していただいた石山優太さんも手伝っていらっしゃって、 打ち上げでとっても素敵なチラシ(?)をいただいたので、 皆さんにも宣伝しようと思います。 なんとビニールバックに公演情報など印刷されたものがチラシがわりでした。 サイズはA3くらいで、私もそんなチラシは初めて見たので感激しました! 城さんから話を伺ったところでは、演劇っぽいダンス?だそうです。 ストーリーはあるのだけれど、セリフはなくて、全部動きで表現しているんだそうです。 会場は下北沢のザ・スズナリです。すごいですね。 以下詳細です。 「不憫」 作・演出・振付 長谷川 寧 病院という施設内、其処に居る数々の不憫な人間が、 その肉体を必要に駆られて変えて行く様は、まるで人間の進化。 ●日時 2008.12.26(金)ー29(月) 26     20:00 27 15:00 19:30 28 15:00 19:30 29 14:00 18:00 開場は開演の30分前、受付は1時間前 ●チケット(日時・全席指定) 早割 2500円(振込・11/20まで) 前売 2800円 当日 3000円 学生 2500円(前売当日共・要学生証) 団体 7800円(3名・要予約) ●会場 下北沢ザ・スズナリ 小田急線・京王井の頭線下北沢駅、南口徒歩5分 富士山アネット プレゼンツ 代表の長谷川さんは、パパタラにも参加してるみたいですよ。 http://fanette.fc2web.com/ 宇宙

星の王子さま

いいだで見る前に日本語訳を読んでおこうと、 先日集英社文庫から出ているものを購入して読みました。 読みたい方にはお貸しするので言ってください。 読んだ後にノイのHPの星の王子さま公演のスライドを見ました。 昔は舞台美術が凝っていたようです。 どのシーンかわからないところがちらほらあるのがいいなと思いました。 映像でみてみたいですが、残っているんだろうかと思いました Φ’s

いくぜいいだ!

立て続けにこんにちは。ねごとです。 いいだ上演しませんのお知らせをいたしました。 ここからは,ねごとのひとりごとです。 近頃更新も過疎化してきちゃってますしね。 このまま更新の習慣がつかないままこのブログもなくなってほしくないなあ。 ていうかみんなブログ書こう!!!なんでもいいから更新!!!しよう!!!!! ……という団員に向けた訴えは一度置いておくとして。 そんなこんなでしばらく音沙汰がご無沙汰だったノイですが,ここ最近の間もばっちり活動していましたよ! 先日はおしゃんな洋食屋さんで歓迎会したし(カタカナだらけのお品書きにびびってましたね。ババロアとパンナコッタとミルクプリンの違いについて話していたのは覚えてる。そして入り口のところの鳩時計にみんな釘付けでした( ˘ω˘ )), それから新人公演の稽古とものづくりもしてたし。 たし。 新人公演の準備も着々と進んでいるみたいですよ! ねごとは今回新人公演では舞台に立たずにお節介おばちゃんする予定なので,新人公演の進捗はぜひ現場の方にお願いしたいかもですね。 そうそう,先日宣美とノイTシャツの入稿が済みまして,今年は新入団員の水田くんと宴くんがひとつずつ担当してくれました! 完成して届くのが楽しみだな~(*'ω'*) そしてそして,いいだの計画も進んでいます。 ノイとしての上演こそ叶わなかったものの,当日観劇する有料公演チケットや宿泊,お風呂などの行程についてざっくりとミーティングで確認しました。 今回残念ながら不参加の4年生2人の思いはしかと受け取りました! ほぼ上級生陣の独断と偏見で決めた観劇チケット,たぶんきっと絶対面白いよね!!! それから,個人的に気になるのは現地でのごはんでしょうか。 なんということでしょう,毎年どこかしらに居たごはん担当人員が今年はこれでもかというほど手薄です。 ……大丈夫かな……。 宿泊させていただく公民館では毎年お鍋でお米を炊いているのですが,炊飯器持参も視野な気がしてきました。 まわりからは「いうてごはん大好きなねごとが居るわけだしごはんのことはなんとかなるんじゃないか」的な空気を察知したのですが,あいにくねごとは食べ専です。(威張って言うことじゃない) うん,なんていうか,すごく心配!!!なんとか食いつないでいけますように!!! そんな