スキップしてメイン コンテンツに移動

団員紹介その4~紙の魔法使い~



こんばんは!うっかりこんな時間になってしまった!
ねごとです。

新歓公演の前日ですが、団員紹介4人目!
「長いですよ!たくさん書きましたよ!」とご本人から宣戦布告(?)を受け、一体どんな大作が送られてくるのかとどきどきしていたら本当にたくさんNEU愛を語ってくれました('ω')笑

今回は、そんなお喋り好きな彼女をご紹介!

***************

1.ノイネーム

おとうふ

2.所属・学年

障害科学類4年(注:ノイは3年目!)

3.ノイに入ったきっかけ

1年生の時、英語のクラスが同じだった、ねごとさんからノイのことを聞いて、「へー人形劇かー面白そう。」くらいのノリでノイの新歓に行くようになりました。直接のきっかけは、2015年の新歓公演「きみのかわりはいない」で、影絵や人形が素敵だったので、ノイでものづくりしてみたくなったことかな……。

4.今までの経験役職について語ってください

役者……2015年新人公演「双子の星」でポウセ童子役をやったのが初出演。あのときは周りに演技がうまいし声も大きいしすごい先輩がいっぱいいて、刺激をうけつつ不安になりつつでもやっぱり人形かわいいっっ!って感じで無我夢中でした。

その後は同年度の卒業公演「続・銀河鉄道の夜」で役者しました。この時は主人公の母役、性別年齢不明のペンギン車掌役、いじめっこザネリ役、ザネリの孫役(??)、などいろいろやりました。一つの劇で顔かたち種族が違ういろんな役ができるのは人形劇ならではだし、演じ分けしてみるのも難しいけど楽しいです!!

その後、2016年いいだ・新人公演「えそらごとびより」でいいだでは男の子役、新人ではパネルシアター操作をしました。パネルシアター操作って、2次元のパネル人形だから簡単だろうと思いきや、動きが単調になりやすいので難しいです。そこが工夫のしどころでもあります。

 それから…今回公演については5で語ります。

小道具……あまりノイで置かれることが少ない役職、小道具ですが、「続・銀河鉄道の夜」の時に担当しました。この時は、鉄道駅の看板を作ったり、十字架や三角標の影絵を作ったり、銀河鉄道の世界を表現するために舞台を飾る星を折り紙で作成したりしました。私は紙をあれこれする(折り紙・切り紙)のが好きなので、そういうのをNEUで生かしてもらえて嬉しかったです。

宣伝美術……「えそらごとびより」で宣伝美術も担当しました。切り絵を生かしてポスター・ビラを作りました。透ける紙をどう用いるか考えるのが楽しかったです。また、公演パンフにもこだわって、劇中登場するノートを模して、黄色い表紙に罫線としおり付きのノートを作りました。


5.今回(新歓公演)の役職・意気込み・見どころ紹介など

 今回公演は役者で、魔法使い役をしています。ただしキャラはみなさんがご存知の○ンデレラとは大きく違っていて、楽しく演じることができそうです。あと、舞台の上でだけ、魔法が使えるようになるんですよ!!!!もう楽しみでしょうがないです!!!!!!!観客を魔法にかけてやるぜ!!

 見どころは、今回公演はものづくりを割と頑張ったので、登場する人形や小道具たちだと思います。あと、ストーリーも、○○が××に△△して……これ以上はネタバレになりそうなので、口をつぐみますが、今すぐしゃべっちゃいたいぐらいです。そんな感じで、みなさまのご来場をお待ちしております!


***************

そうそう、英語のクラスがね、一緒でしたね。そんなこともありました。

おとうふちゃんは折り紙に切り絵に紙を使った工作が得意で、その技術をノイに伝来してくれた偉大な存在です!
先日の影絵WSでは大活躍でしたね(/・ω・)/

今回おとうふちゃんが演じる魔法使い、彼女はどんな魔法をかけてくれるのでしょうか!?
筑波小劇場さん・SONICさんとの対バン公演は明日からです!(もう日付的には今日か!)
お楽しみに!

ではでは、ねごとでした!















コメント

このブログの人気の投稿

深夜の実習室で

やっぱりね、普段ネットにつながらない環境にいるとその反動が出ますね。 もう2:00ですよ。でもね、今回は仕方ないです。とあるブログを本当に夢中になって読んでいました。 その名も「ママの○○○○退治!体験談☆」。○○○○にはあの虫の名前がカタカナで入ります。 すでに目を通したことのある方もいるのでは? なんかね、凄そうですね、この人。 いろいろ読みましたよ。ええ。でもマユアルは有料ですか…。メールでも丁寧に答えてくれそうな感じですが。 カテゴリー「○○○○恐怖体験」がね、気になって仕方ないんですが、怖くてクリックできません。 まぁとにかくね、今すぐ部屋に戻って掃除したい気分ですよ。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて

ふらふら

よその団体をふらふらし始めて4ヶ月… ノイに戻ってきました、はっぱです。 人形じゃできないなー。という演目のスタッフを1つ。 人形じゃやりたくないなー。という役を1つ。 人形だからやりたいなー。と顔を突っ込んだのが1つ。 各方面には多大なるご迷惑をお掛けしました(土下座) 仲がいい身内は居心地がいいけど、居着く場所ではなくて帰ってくる場所らしい。 ソースは某SNSより。 割と今そういう気分です。 楽しかった。 けどしっくりくるのはノイだなー、と。 そんな感じです。 うん。 鍋食べたい。 脚本コンペしたい。 人形劇観たい。 海ネズミの国行きたい。 照明で遊びたい。 そんな感じです。 …全て3ヶ月のノイの活動の中で叶えられることでしょう。 ノイブログが冬仕様でいいですね。 雪降ったら雪合戦を企画したい。