スキップしてメイン コンテンツに移動

文化祭と振り返り、そして韻


気が付けば稲刈りの時期も過ぎ、果たして秋はあったのかと言わんばかりのレベルで寒くなってきましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです、名を水田という者です。こう、いろいろあっただけに、書くことが何個かあるような気がしますが、読んでる人が飽きる前に、すべき宣伝をいきなりですがしようかと。

というのも、来たる11月4日の土曜日、人形劇団NEUでは雙峰祭で「ワークショップ」を行います。内容の方は、トイレットペーパーの芯を使って指人形を作ったり、紙コップを用いてマリオネットを作ったりすることができます。時間は10:00からで、場所は第3エリアA棟214教室で行います。ただし最終受付は16:30となっておりますので、おきおつけください。

指人形の方は発想次第で無限の可能性を秘めている、というのは少々、いやかなり言いすぎかもしれないですが、結構いろいろなタイプのキャラクターが生まれるのではないでしょうか。実際団員で試作した時もいろいろできましたし。
マリオネットの方は、紙コップといえど侮るなかれ、といった感じでしたね。思ったよりしっかりマリオネットでしたし、作りごたえもあって。きっと子供から大人まで楽しめる内容だと思うので、ぜひいらしてください。

これで伝えるべきことは伝えられたのでは。ここまで読んでいただければ問題ない、はず、です。
ここからは「去る者追わず」の精神で書いていきます。

さて、新人公演の話を。思えば、この時が人生においての初の演劇でした。なので、することなすことほとんどが初体験で。どう人形を動かし見せればいいのかとか、台詞の言い方とかを先輩方に指導していただいたり、自分で人形を作ってみたりしたわけで、なんといいますか、なんていうんですかねこの感情。楽しかった、ではきっと違う気がして。これが「言葉に表せない」というやつですね。とにかく、こう、プラスの感情が伝わっていればよいのです。そんな感じで準備期間を過ごしていました。ただ、経験が一切ないので、迷惑をかけることも多々あった気がします。詳細は省略しますが。

時流れて当日ですが、いやはや、舞台裏での待機時間は忘れられないですね。自分は本番の1時間くらい前に緊張のピークをむかえる人間なので、この時はそこまでの緊張はなかったように思います。とはいえ、お客さんが入ってくるたびに、ある種の不安は生まれましたが。ですが、さしたる問題もきっとなかったと思います(思いたいです)し、いい演劇だったと思ってもらえているなら嬉しいですね。とてもいい脚本でしたし。あの世界観を再現できていたのかは分かりませんが、そうすることの一部を自分がやっていたと思うと、「よくやれたなあ」と思います。本当に。

あと新人公演に関して自分が話せそうなのは、ポスターパンフレット周りですかね。何か書けることがあっただろうか。方々に迷惑かけたくらいしか覚えてないような。あるいはずっとカッターを握っていた記憶か。

そんなこんなでここまで新人公演の色々を書いてきましたが、なんか、しっかりしたことを書けた気がしません。これで終わるとどこか締まらない感じがするので、ポスターの流れに乗っかってもう1つ。というのも、話は初めに戻りますが、今回の文化祭の方でもポスターを作成しました。なので、ここにそれを貼って消えたいと思います。

最後になりますが、是非文化祭にいらしてください。文化祭自体、いろいろやっている(と思う)ので。そしてノイのワークショップの方にも、是非訪れてください。団員一同、お待ちしております。
以上、水田による宣伝、をお送りしました。
f0163746_22474796.png















コメント

このブログの人気の投稿

富士山アネットー不憫ー

14日に体芸中央棟で行われたパフォーマンスを私も手伝っていたのですが、 そこでは3月のコンポタ「さよならワンダーランド」で“チョコレイト”に 出演していただいた石山優太さんも手伝っていらっしゃって、 打ち上げでとっても素敵なチラシ(?)をいただいたので、 皆さんにも宣伝しようと思います。 なんとビニールバックに公演情報など印刷されたものがチラシがわりでした。 サイズはA3くらいで、私もそんなチラシは初めて見たので感激しました! 城さんから話を伺ったところでは、演劇っぽいダンス?だそうです。 ストーリーはあるのだけれど、セリフはなくて、全部動きで表現しているんだそうです。 会場は下北沢のザ・スズナリです。すごいですね。 以下詳細です。 「不憫」 作・演出・振付 長谷川 寧 病院という施設内、其処に居る数々の不憫な人間が、 その肉体を必要に駆られて変えて行く様は、まるで人間の進化。 ●日時 2008.12.26(金)ー29(月) 26     20:00 27 15:00 19:30 28 15:00 19:30 29 14:00 18:00 開場は開演の30分前、受付は1時間前 ●チケット(日時・全席指定) 早割 2500円(振込・11/20まで) 前売 2800円 当日 3000円 学生 2500円(前売当日共・要学生証) 団体 7800円(3名・要予約) ●会場 下北沢ザ・スズナリ 小田急線・京王井の頭線下北沢駅、南口徒歩5分 富士山アネット プレゼンツ 代表の長谷川さんは、パパタラにも参加してるみたいですよ。 http://fanette.fc2web.com/ 宇宙

がおー

初めてノイブログのスキン変えた!今回はオオカミ。がおー こっちの世界は息苦しいね。 寝ても覚めても・・・ 最近のお気に入りはチョコミント。 すうー 先着プレゼント誰か答えてよ (   ̄ ̄ ̄ ̄  ▽   ̄ ̄ ̄ ̄   )  一度は誰もが夢見てそして朽ち果てる。それが人生。 ( ´⊿`) 意固地 ばーか 今日おかしい。いつもより ただただ夢中になりたい。 もやもやしたくない。 やらかした。 最近風邪とかインフルエンザとか流行ってるよ。気をつけてね。 いっぱい写真とろう。 ( ̄。 ̄)( ̄。 ̄)( ̄。 ̄)( ̄。 ̄) がおー がおー がおー
残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。