スキップしてメイン コンテンツに移動

卒公見どころ案内~進捗どうでしょう~



こんばんは。ねごとです。

亀戸ちゃんの更新があったばかりですが,思い立ったので更新します。
ねごとは毎日ご飯を食べてしっかりと寝て,(公演前にしては,比較的)健康的な生活をしています。



あの濃密な合宿から1週間が経ちました!わたしからも一言感想をば。

ねごとはすっかり「ツンデレラの人」で覚えられてしまったようです……ひええ……

初演の新歓公演以来のツンデレラ再演,まさかもう一度ツンデレラを演じる日がこようとは思いもしませんでした。
役をいただいた時は「ハタチ過ぎた大学生が人形劇で魔法少女を演じる……?できるのか???許されるのか???」という疑いを感じずにはいられませんでしたが,研究のために大好きな某ネズミの国系映画作品と大好きな某日曜朝の戦う美少女系アニメ作品を交互に見たりなんかして(他にもツンデレの女の子が出てくる作品を漁ったりもしました。ツンデレは奥が深い),楽しく演じさせていただきました。

上演もたいへん好評で,気持ちよく「人形役者納め」ができてよかった,とねごと個人として思う次第でございます。
ありがとうございました!!!



さて,わたしからはもう一つ,2週間(?!?!?!?!?!)後に迫った卒業公演について,改めて見どころ紹介と宣伝をさせていただきますよ~~~!……ブログを書く余裕のあるうちに。
ギリギリまでブログ更新し忘れたまま公演当日を迎えてしまうパターンが幾度となくあったからな!告知大事!

※細かな公演情報は亀戸ちゃんの前回記事と公式webページに載ってますよ~!

卒公ではねごとは脚本・演出というものをしています。
先ほど「人形役者納め」と言った通り,人形はもう持たない…はず……おそらく。
代わりに2本お話を書きました!!!短い人形劇の2本立てです!!!どどん。

以下,ネタバレしない程度に見どころ紹介をしていきます!
(あまりに雑な紹介だったのでちょっと追記しました:2/21)








さて。

ひとつめのお話……『宇宙人くんの宇宙旅行』のあらすじ文はこちら。

『ノイの倉庫で人形たちと暮らす宇宙人くん。

ある日宇宙人くんは,自分の本当の故郷を探して旅に出るのでした……。


……というお話です。

着想を得たのは少し前に流行った,惑星から誰かとメッセージを送ったり送られたりするあの某スマホゲーム……だったのですが,うーん,どうしてこうなっちゃったんだろう(;´・ω・)

主人公は,ノイのトレードマークとしてよく登場する,ご長寿人形の彼です。
ネタバレなしで紹介するのがすごく難しい作品なのですが,あれがああなってこう……楽しい演目になっているとおもいます!
宇宙人くんだけでなく,懐かしい人形たちがたくさん登場します。
「宇宙人くん」という名前にピンときた方もこない方も,ノイの公演を見たことある方もない方も楽しんでいただきたい作品です!



ふたつめのお話……『ことだまの海』のあらすじ文はこちら。

突き刺さったことば。飲みこんだことば。

行き場をなくしたことばたちはぼくの中に,ぽたり,ぽたりと溜まっていく。

そうしてできた水たまりには,いつしか“サカナ”が棲んでいた。


実は1年半くらい前から構想していたお話なのですが,先日の脚本コンペ(という名の4年生鍋会)に出したら「ねごとさんの卒論だ………(Byおとうふ)」と言われました。
ねごとの卒論は脚本になったようです。(研究結果自体はあまりうまくいきませんでした!!!かなしい!!!!!でも卒業できるよ!!!!!)

1演目めから一転して,少ししっとりした雰囲気のお芝居。
主人公の男の子「ぼく」はある日,夢の中で不思議な存在(サカナ)と出会います。
サカナはぼくのことを昔から知っているように接してきますが,サカナはただのお友だち?一体何者なのでしょうか…?
……といった感じのストーリーです。

心理学っぽくないことをしていた心理学徒が最後に,「こころ」というものに向き合ってみたお話です。
でも難しいことは考えず純粋に楽しんでほしいのでこの辺りの話は割愛します……。
OHPの影絵とケコミ劇を組み合わせた懐かしの舞台形式(実にしあわせの王子ぶり……?)に加え,やってみたかった無声劇の要素も少し取り入れました。ぜひ想像力をモクモクさせながらお楽しみいただければと思います。

ちなみにまだ稽古場の役者さんたちにも言ってませんが,主人公の男の子には「チアキくん」という名前がついています。
公演会場で思い出してくれた折には「チアキくん!」と呼んであげてください。
ちょっぴり内気ですが,とてもいい子です。


こんな感じ……でしょうか。
見どころ紹介になっているのかしら,あまり自信がない。

つい昨日,『宇宙人くん~』の荒通しをしました。ものづくりもおおむね,あと少し。
もうひとつのほうは……んぐぬぬ,頑張ります。

そうそう,同じく卒業生の時の鐘ちゃんが,今回も素敵な宣伝美術を作ってくれました……!!!自慢の同期なのですごく自慢しちゃう!!!!!あと4年生が全員舞台裏にいるのはちゃめちゃに楽しい!!!!!
Twitterや各種webでの広報もお見逃しなく!
お楽しみに!

さて,お仕事に戻らねば!

ねごとでした!















コメント

このブログの人気の投稿

深夜の実習室で

やっぱりね、普段ネットにつながらない環境にいるとその反動が出ますね。 もう2:00ですよ。でもね、今回は仕方ないです。とあるブログを本当に夢中になって読んでいました。 その名も「ママの○○○○退治!体験談☆」。○○○○にはあの虫の名前がカタカナで入ります。 すでに目を通したことのある方もいるのでは? なんかね、凄そうですね、この人。 いろいろ読みましたよ。ええ。でもマユアルは有料ですか…。メールでも丁寧に答えてくれそうな感じですが。 カテゴリー「○○○○恐怖体験」がね、気になって仕方ないんですが、怖くてクリックできません。 まぁとにかくね、今すぐ部屋に戻って掃除したい気分ですよ。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて

ふらふら

よその団体をふらふらし始めて4ヶ月… ノイに戻ってきました、はっぱです。 人形じゃできないなー。という演目のスタッフを1つ。 人形じゃやりたくないなー。という役を1つ。 人形だからやりたいなー。と顔を突っ込んだのが1つ。 各方面には多大なるご迷惑をお掛けしました(土下座) 仲がいい身内は居心地がいいけど、居着く場所ではなくて帰ってくる場所らしい。 ソースは某SNSより。 割と今そういう気分です。 楽しかった。 けどしっくりくるのはノイだなー、と。 そんな感じです。 うん。 鍋食べたい。 脚本コンペしたい。 人形劇観たい。 海ネズミの国行きたい。 照明で遊びたい。 そんな感じです。 …全て3ヶ月のノイの活動の中で叶えられることでしょう。 ノイブログが冬仕様でいいですね。 雪降ったら雪合戦を企画したい。