スキップしてメイン コンテンツに移動

人形劇団クラルテ「はてしない物語」を観てきました


こんにちは!公演が終わって1日の睡眠が増えました、宴です。
遅くなりましたが「おとしもの」全5会場(非公開含む)の公演が無事終了しましたことをご報告します。ご来場・ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

終演後のお楽しみとして、なんと!劇中で使われたオリジナル楽曲が、作曲者Astereのサイトで聴けるようになっています!
見逃した方、もう一度作品の世界を楽しみたい方、ぜひご利用ください〜

気の早いノイはすでに次回作品の企画に取り掛かっています。11月の学祭、そして年末に向けて何があるのでしょうか……?ブログ・Twitter・公式LINEでのお知らせをお楽しみに。



さて、今回は下手くそながら久しぶりの観劇レポートをお送りします。

8月末の公演を終えたあと、ノイ団員は茨城からそれぞれの実家へ帰省期間となりました。
演出・宴は、出身地の大阪へ帰ってきています。
大阪で人形劇でこの夏、と言いますと、気になるやつがありましたよね。


せっかく帰ってきてるんだから観ない手はない、というわけで、今回は関西の大手人形劇団クラルテさんの70周年記念公演「はてしない物語」にお邪魔してきました!

* * * * *

宴(と影くん)が観に行ったのは9月9日、大阪天王寺での公演。大阪市中心部では南の方にある場所です。
通天閣の足元に串カツ屋さんが立ち並ぶエリアを徒歩で通り抜け(冒頭ツイート写真)、天王寺動物園を通り越して四天王寺近辺へ。街のど真ん中にも大小のお寺があちこちにあるのが面白い街並みですね。

会場は「クレオ大阪中央」のホール。恥ずかしながらあまり来たことのないホールで、着いてから気づきましたが1階席のみでも800席近くある巨大なホールでした。すごい。
開場ほぼジャストで到着しましたがすでにすごい行列です。広い客席も開演ごろにはほとんど埋まっていました。

f0163746_21235205.jpg

さて観劇です。
同名の原作「はてしない物語」はドイツの児童文学作家ミヒャエル・エンデの長編作品。「主人公の少年バスチアンは、ひょんなことから出会った本『はてしない物語』を読み進めるうち、本の中に自分自身が登場することに気づき、物語の世界『ファンタージエン』へ入り込む。本の中の主人公アトレーユと共に物語を進めて行くが、ファンタージエンに留まり続けるうち、バスチアンはどんどん現実世界の記憶を失いはじめてしまい……」。本の中にその本自身が出て来る仕掛けの印象的な、不思議な物語です。

まず驚いたのが、2時間という長編ながら、原作のストーリーがコンパクトにまとまっていたこと。
原作の「はてしない物語」は非常に長大な作品で、単行本は鈍器になりそう(失礼)なほどのボリュームがあります。映画化の際には、原作の前半のみに短縮されたとのことですが、クラルテ版では堂々の全編舞台化。しかし、原作にあったシーンを簡略化しながらも、話の流れを変えない工夫がたくさんなされ、2時間の長編でも見やすいストーリーに。

客席はやはり大人が多めでしたが、小学生くらいでも安心して観られたのではないでしょうか。原作のボリュームをどうするのかは個人的に気になってたポイントのひとつだったのですが、さすがの技でした……!


70周年記念作品ということで、人形や道具の数もかなりのもの。終演後に撮らせていただいた人形の写真も交えて、少しご紹介します。

f0163746_21284442.jpg


まずはこちら、本を持っていた書店の店主コレアンダーさん(左)と、ファンタージエンの魔女サイーデ(右)。並ぶと対比的な体型で面白いですね。
クラルテさんの大型作品は、丈50〜80センチほどの人形をひとりで遣うのが特徴で、素早く活き活きした動きが得意とのこと。キャラクターによって個性のある造形・動きも見どころかと思われます。


f0163746_21284369.jpg


ファンタージエンの生き物は、姿形が一層個性的です。「大きいけどめっちゃ軽いんですよこいつ〜」とは岩喰い男の役者さんのお言葉。客出しでは写真撮影の人気者でした。

ちなみに写真はありませんが、人形のみならず舞台装置もこだわりが感じられる舞台でした。最初から最後までにいったい幾つのシーンのセットが出てきたんだろう……?クラルテさんの公式ツイッターで「(稽古場で)廊下まで道具が溢れています」とのコメントがありましたが、それだけこの作品への力の入りようを感じたポイントでした。


f0163746_21330030.jpg


そしてこちら、主役バスチアン(手前)とケンタウルスのカイロン(奥)。クラルテ作品に共通して言えることですが、人形の目が大きくて視線がはっきり感じられるのが、綺麗で印象深いですね!近くで見るとわかりますが、主役だけあって非常にこだわった作り込みでした。

f0163746_21284471.jpg


最後に、バスチアンをそばで支えるファンタージエンの少年のアトレーユ。

実は宴、以前に「クラルテさんの人形の頭は木彫でできている」という話を耳にしていました。人形劇の人形は、扱いやすいようなるべく軽く作るのが一般的なはず。木で作ってしまったら重かったりしないんだろうか…?アトレーユ役の役者さんに、こっそりお聞きしてみました。

役者さん「いやーまあ重いには重いんですけどね、でもアトレーユなんか単純な作りやし全然軽いもんですよ〜」

さ、さすが……。
登場キャラクターのなかでも特にすばしっこい動きが目立つアトレーユ、舞台上でも人形であることを感じさせない活き活きした振る舞いでした。




70周年の節目を飾る、素敵な舞台でした。
来年夏ごろにも形態を変えて上演の予定があるそうです。見逃した人には耳寄りかも?ぜひご覧ください!

クラルテのみなさん、ありがとうございました!

* * * * *

最後までお読みいただきありがとうございました。次回のブログ更新もお楽しみに!
宴でした〜















コメント

このブログの人気の投稿

夏公演「プレゼント」を終えて

私が入団してはじめてノイのブログを書いています。 人形劇団NEU(ノイ)の石畳です。  夏公演「プレゼント」、無事完走することができました。   本当に大変で直前までうまくいくのかハラハラドキドキでしたが、  本番2公演、皆様に今私たちができる最高のものをお届けできたのではないかと思います。 たくさんのあたたかい拍手やご感想をいただき、胸がいっぱいです。 千穐楽でも少しお話させていただきましたが、  この公演に至るまでを終演記念に記しておこうと思います。  私が入団したのはまだ1年生だった去年の夏。 ちょうど前回の公演「夜明けを夢想して」から数ヶ月後で その公演を見たわけでもなく、演劇や人形劇をやったことがあるわけでもなく、 ただ人形劇が好きで、ただ人形劇をやってみたいと思って入団しました。 そのときの活動に来ていた団員は幽霊団員が多くほんの数名。 今のように公演をすることもできず、実際の活動もほとんどありませんでした。 そして1月、代替わりとともに活動に来ていた先輩はNEUを卒業し、 私はひとりぼっちの座長になりました。 ノイを解体するかどうかという話も飛び交う中、 ノイのことなんて何も知らない私はどうすればいいのだろう? そんなことを考えていました。 1月末、私の同級生の七輪が入団しました。 七輪はこんな状況にも関わらず入団してくれて、 人形劇をやりたいね、団員を増やしたいねと言ってくれました。 入団直後から事務仕事の半分をお願いしています。 本当にずっと支えられています。ありがとう。 3月、人形劇団プークさんの「ねこはしる」を観に行きました。 七輪がはじめて観た人形劇でした。 「やっぱり人形劇やってみたいね」   そんな想いが2人の中で強くなった日でした。  この頃から、ノイのOB・OGとの交流も増えました。  多忙で活動に来られなかった千夜一夜や最中も  時間を見つけてはノイに帰ってきてくれるようになりました。  4月、ある日の新歓終わりに千夜一夜に言われました。  「そろそろ公演をやりたくないのか?」 「やりたいです」   「じゃあはじめてだし、人形もそろっているし   『ブレーメンの音楽隊に非ず』の再演とかいいんじゃない?」  5月、新歓が終わり、風車とマーシャルが入団しました。  活動にかつて石畳が経験したことのない人数が集まる日々になりました

いつも心にケコミを

(注)長いです。 それでも読んでもいいよという方はどうぞ。 ちょっと今はいいかな、という方には、これだけお伝えします。 3年間ありがとうございました!!!楽しく人形劇できて幸せでした!!! by おとうふ えっこの先も読んでくださる?? ありがとうございます、どうぞ。↓ ……お久しぶりです。 実は早くから卒業ブログを書けと言われていたのですが、書きたいことが多すぎてどうしようと思っていた結果、卒業生ラストになってしまい、昨日卒業式も終わり4年の他の方が少しずつつくばから出て行ってしまう時期に。(寂しいです) (いるのか分からない)読者の方を遠ざけるくらいまとまらない長い文章になりそうですが、もういいやブログ書きます。 まずは、入団してからこれまで自分に関わってくださった方々に感謝を。 3年間ありがとうございました。 皆さまからいろんなことを教えていただきました。 人形の持ち方や、ジャガイモのむき方や、宣伝美術の作り方や、役者としての発声の仕方や…… でもそれら以上にノイや人形劇で知り合った方々から学んだのは、人形劇の楽しさだったような気がします。 みんなでわいわいして、楽しく人形劇を作っていくこと、世界の様々な人形劇を観劇して感動すること、不完全な形でもそれを取り入れたり新しい要素を付け加えたりして次の公演を作っていき、どこかの誰かに届けること。 どれも、ノイでしかできないことだったと思います。 最初にノイの公演を見たのは、2015年新歓公演の「幸せな王子」という作品でした。 そのとき、影絵がぼんやりしたりはっきりしたりと独特の動きをすることと王子の目のエメラルド(でしたっけ?)がとりはずされてツバメが持っていくこととかにワクワクした記憶があります。 それからノイに入団して新人公演のときは楽しかったけどとにかく大変で。 いいだではいつも様々な人形劇に度肝を抜かれて。 ~いろいろカッツアイして3年経過~ 最近、後輩のみんなが追いコンを開催してくれました。 そのとき卒業記念品をいただいたのですが、寄せ書き+卒公の集合写真の合体したものでした。 その枠がよく見たらケコミをミニチュアで忠実に再現したもので、ケコミそっくりの木製で、黒いケコミ足まで再現してあるんです。 あと、卒業生は今年3人ですよね?ケコミって3

【大事なお知らせ】いいだ人形劇フェスタに際しまして

こんにちは~春C大変系学類のみなさんはあと少しで夏休みですね! 春C頑張らない系学類のねごとです。 卒業への活路が少しだけ見えてきました。 そう,どうやらもうすぐ夏休みのようです。夏休みということは…… 人形劇の夏の祭典,いいだ人形劇フェスタ!!! ……が,今年もやってきますね(*'▽') 人形劇の盛んな長野県飯田市へと赴き,人形劇を上演し,プロの劇団員の方から指導をいただき,人形劇を観劇しまくって帰るといういかにも人形劇漬けなノイの一大イベントなのですが…… ここでお知らせがございます。 今年は参加日程と人数の都合上,いいだ現地での人形劇団NEUの上演は行わないことと決定いたしました。 憎むべきは大学のテスト期間です……くそう……(#^^) NEUのいいだでの上演を楽しみにしてくださっていた方は,申し訳ございません。 代わりに参加できる団員だけでも観劇,宿泊などいいだをとことん楽しむつもりですので,公民館での交流会など,当日お会いすることのできた方はよろしくお願いいたします。 また,9/2(土)・9/3(日)には学内にて新人公演を予定しております! 夏休み期間中の公演になりますが,そちらも是非足をお運びいただけますようよろしくお願いいたします。 詳細は近日公開予定です('ω'三'ω') 以上,公演情報お知らせ係のねごとでした~。