スキップしてメイン コンテンツに移動

年末ですね


これは、ブログを見返してみると最後の投稿が文化祭の予告とかで、それで2018年のブログを締めくくるのもあれだなあと思い、投稿した次第でございます。
とはいえ、一介の団員が今年の総括を書くのもあれだし、これを見た誰かが残りの数時間できれいにまとめてくれるといいな、とかとんでもないことも考えてます。
水田です。

さて、今年もそれなりに色々ありましたね。例えば私的な話にはなりますが、初演出をやったとか、初めて飯田で公演をやったとか。大きなイベントではここら辺ですかね。
こうしてみると、今年も「初」が多いですね。※あくまで個人の感想です。
目を閉じると、各公演で方々にかけた迷惑が浮かんでは消えていきます。
自分が演出の時はよくもまあ、ケコミにキャスター付けようなんて言いましたよね。誰かあれを再利用なり供養なり、お願いします。
あとは影絵とか、まあとにかくやりたいことをやれて…
まあここら辺は散々5、6月あたりに書きましたね。

飯田公演+αの夏公演は、これまた個人の感想ですが、色々とすごかったですね。
普段とは違う観客層だったり、アンケートの感想だったり、何より環境の違いが大きかったですね。
教室で行う時とは違う機材だったり、初めて直面するような問題だったり。
見ることすることが全て新鮮というのはああいうことをいうんですね。
何となく、自分としてはこれらの公演のおかげで、メンタル面が色々強くなったような気がします。
それぐらい、濃かったですね、今年の夏は。

そしてなんといっても、今年も無事に新入団員が入って、何とか団体を維持できました。
入団ミーティング前は、果たして1年生は来るのか来ないのか、切腹しなければならないのか、非常に緊張したものです。
しかして、そんな彼ですが、このブログに挨拶等で出現することもないまま、今年が終わろうとしているんです。
来年こそは、挨拶を書いてもらおう。少なくとも年度を超えるまでには。

あとこんなタイミングで?と思われるかもしれませんが、文化祭の方も大盛況でした。
盛況の度合いは主観によるものなので、傍からどう見えようとあれはきっと大盛況でした。いや間違いなく。
多くの小さなお子さんと一部の大きな方に、クラフトから人形とのふれあいまで楽しんでいただけて、我々としては非常にうれしい限りでした。
はてさて、来年の文化祭はどうなるやら。

こんな感じで、ざっくりとめぼしいトピックをまとめてみました。
やっぱりもうちょっとうまくまとめられたら良かったですね
決めました。来年の抱負は、「上手な文章を書けるようになる」ということで。
…今、「ろ」ではじまり「ん」で終わるとある単語(あるいは「そ」ではじまり「ん」で終わる単語)が脳裏をよぎりました。いや、何も見なかった。
とにかく、そんなこんなで来年も頑張っていきたいですね。
最後の方、なんか締まった気がしませんが、それでは皆さん、よいお年を。















コメント

このブログの人気の投稿

残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

舞台裏に魅せられて:作品を支える機材&取り組み

壊れていた自転車のチェーンカバーがついに直りました。宴です。 1年から乗り続けて4年目に突入した宴's チャリですが、つくば-東京を往復したり山登りをしたりで走行距離をガンガン伸ばしており、あちこち修理を重ねて現在に至っています。 卒業まで最低でもあと1年は乗る予定です。もう少し頑張ってくれ…… さて今回のブログ、ノイの 機材や道具に隠された秘密 をご紹介したいと思います。 学内外を問わずあちこちを飛び回って公演をしているノイですが、筑波大の劇団サークルとしては最も小さい団体です。 舞台設営や上演に使う道具を改良し続け、少ない人数でも公演が打てるよう様々な取り組みをしています。 【舞台設営】 筑波大の演劇サークルで唯一、学外でも公演をするノイ。舞台は全て持ち運んで、あっという間に組み上げられます💪 どんな場所での上演でも、妥協のない舞台をお届けするのがモットーです。普段はお目にかからない設営風景をどうぞ! #ノイ新歓2020 pic.twitter.com/9QMENcY8s9 — 筑波大学 人形劇団NEU / Puppetry Troupe NEU (@tsukuba_neu) May 6, 2020 この記事を書いている宴(情報メディア創成学類4年)は、何を隠そう 機材や道具が大好きで、メンテナンスや改造をしまくってきた張本人 です。個人視点でなにを書いてもいいって言われた(言われてない)ので、今回はちょっとコアな内容でお届けします!わあい! 【目次】 【もっと速く簡単に】舞台装置 【より綺麗に、より手軽に】音響・照明 ホールの環境に近い照明 オペレータの人数削減 まとめ <ちなみに>やっぱりすごいプロの技 【もっと速く簡単に】舞台装置 劇団系サークルの多くが単管と木板で組まれた舞台を作るなかで、 大量の幕でできたノイの舞台 はある意味特徴的です。背景となる大きな幕(大黒)や、役者を隠す袖幕などを並べます。 「おとしもの」より(@筑波大学中央図書館 / 2019) 「Compass」より(@学内教室 / 2020) この幕は、かつてはプラスチックの軽量パイプを組み合わせて作っていましたが、いくつか短所がありました。 (枠が歪むので) 寝か

いじわるなおんなのこ

こんにちは、(うまく仕事できなくてしかられてばっかりのWeb担当)風鈴です。 とりあえずNEUの公式HPを卒業公演向けに更新しました!!!というところなのですが。ええ、無事に更新できましたぱちぱちぱちー。 個人的にとても卒業公演を楽しみにしております。但し自分が関われるのはスタッフのみ……(SHU☆KA☆TSUとかいうやつのためです)なのですが、陰ながら応援してたりします。 伝えたいのはほんとに卒業公演向けにHP更新したよ!ってだけなんですけど、タイトル意味深ですよね。こういうことです。↓ こんなエラー表示が出るんです。更新の度に。ちなみに、基本的には更新は反映されるんですよこれが出ても。いじわるですよねーこの子。 そんないじわるな愛機ではありますが、しかも最近はたけくらっしゅおこして大変なんですけど大事に使ってます。(つまりおんなのことはパソコンのことです) なにが言いたいのかよくわかんなくなってしまいましたが、卒業公演楽しみに待ってます!