スキップしてメイン コンテンツに移動

人形劇団むすび座「The Wish List」を観てきました

大阪〜名古屋間の近鉄特急に乗っていたら、途中で急にスーパーの「ピアゴ」が見えて、「飯田駅前以外で初めて見た!!」ってなりました。Webサイトで調べたところ、ピアゴの本拠地はむしろ東海地方のようです。そうだったのか。
なお飯田駅前のピアゴは今年行ったら閉店していました。閉店のニュースはGoogleニュースのアプリに出てきた南信州新聞の記事(9月)で知りました。

Googleはいつから僕に飯田のローカルニュースを流していたのだろう。ご無沙汰しております、3年の宴です。


今回は去る8/15に、おなじみ人形劇団むすび座さんの作品「The Wish List」最終公演を見に行ってきたレポートです。公演地はなんと愛知県安城市。たまたま地元大阪に帰省していた宴が単身乗り込みで向かいました。




上演作品の原作「The Wish List」は、アイルランドの児童文学作家オーエン・コルファーによる小説。むすび座さんでは、こちらも名古屋を拠点とする劇団うりんこさんから演出を迎え、中高生向けの作品として舞台化しています。


実は宴、地元でたまたまこの作品を観たことがあります。当時はまだ高校の演劇部に所属していたのですが、客出しで人形以外の部分について質問を投げるアホをした記憶があり恥ずかしい限りです。丁寧に答えてくださったむすび座さんに、数年後大変お世話になるとは全く予想していませんでした。写真は今もおやこ劇場の事務所に飾られているポスター写真。


さらに、ノイの写真アルバムをひっくり返すと、どうやら2012年のいいだ人形劇フェスタでは、当時現役の先輩方がこの作品を観ていたような形跡があります。ちらっと映る建物の内装から察するに飯田人形劇場での公演だったのでしょうか。なにかとご縁のある作品です。
閑話休題。物語の舞台は作者の出身地と同じアイルランドです。

主人公となる14歳の不良少女「メグ」は、一人暮らしの老人「ラウリー」の家を狙った強盗に失敗し命を失いますが、天国に行くために幽霊となってこの世に戻り、ラウリーがこれまでの人生でやり残した3つの願いを叶えるための人助けをすることになります。最初はいやいや行動を共にしていた2人が、様々な困難を乗り越える過程で、少しずつ信頼し合うようになっていく姿が描かれます。


開演から終演までおよそ2時間、シーンも多数ある作品ですが、キャストは5人。その決して多いとは言えない人数で作られる舞台から、実にさまざまな演出が飛び出します!


人形はむすび座作品ではおなじみの大きめサイズ。1〜3人で1体を操ります。生きた人間であるラウリーと、幽霊となったメグの人形の動きの違いは実に忠実に表現されたおもしろいポイントで、メグがふわふわと浮いて通り抜けてしまう壁や窓も、ラウリーはきちんと避けて動きます。この世の人間や幽霊から天国・地獄の主まで、個性豊かなキャラクターがさまざまな形で登場し活躍するのが特徴的な作品です。


むすび座の作品ページより。

原作の、どこかおもしろおかしい雰囲気の文章を反映するかのように、むすび座の舞台でも随所にコミカルな表現が見え隠れします。バスの運転手や街中の店員など、人形遣いが等身大のキャラクターとして登場するシーンもあり、ただの人形劇というには勿体無いくらい見飽きません。

また、宴が初めて見た時から強く印象に残っているのが、舞台上の大道具の使い方。人が通れるくらいの大きさの縦長の枠が5つと小さな階段のようなブロックが2つ、それらのパーツが組み合わさることで次々移り変わるシーンを表現します。「少ない人数で輸送し、設営するための工夫でもある」(キャストさん談)とのことですが、抽象的なモノをうまく扱って観客に想像させる人形劇の魅力が出ているようで、個人的に「すごくかっこいい……!」と感じたポイントです。


ラストシーンで崖の頂上に立ったラウリーは、終演後もそのまま舞台に残ります。かっこいい。この崖もいくつものパーツの組み合わせでできています

自分たちでも舞台を立てて人形劇を上演をする身としては、マニアックですが舞台の設営方法が目にとまりました。この会場、客席こそきちんと段になっているものの、講演会などでの利用を前提にしているのか、前明かり(客席側から舞台を照らす照明)がありません。今回の公演の照明は全て劇団の持ち込み機材によるものだったようです。
劇場空間のバトンを使う仕込みに比べるとバリエーションの制約が一気に厳しくなるはずですが、「なるほどそうするのか……!」という工夫がそこかしこに。舞台装置も会場の設備に依存しないようにうまく作られています。とても勉強になりました。
あとでむすび座さんにお聞きしたところ、この会場をむすび座で使うのは初めてなのだそう。そうだったのか……

園児・小学生などを対象とする作品が大きなシェアを占める人形劇界隈で、一般の場で観られる中高生〜大人向けの作品はレアものになりがち。少し背伸びしたストーリー・題材を存分に楽しめる作品でした。
この作品は今季で終了とのこと。次作も楽しみにしたいと思います。ありがとうございました!
ちなみに、この作品の原作小説「The Wish List: 願い、叶えます」は日本語で読むことができます。舞台では見られなかったシーンや、ユーモア溢れる文章が楽しい一品ですのでぜひ!宴は思わぬところで登場した日本人の描写が愉快でびっくりしました()
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回の投稿もお楽しみに!宴でした!
※公演会場内の写真は、人形劇団むすび座さんに許可をいただいて掲載しております。

コメント

このブログの人気の投稿

4月1日はエイプリルフールで「お逝きなさい」は空高くスカイハイ

ぐるぐるです。 忙殺される原因を洞察しようと思索に耽ることで倒錯の世界に逃避し、結果として忙殺されるのだという考察に私が初めて至ったのは、いつのことだっただろう?私がそれに気付かされるのはいつも決まって多忙な時である…(こっから回想シーン)。 というわけで例によって実習室にこもっています。例によるというけれど、僕は何もいつも実習室にこもっているから今ここにいるわけではありません。例によってやることがあるからです。もちろん、僕にやることがあるのも、例によるからではありません。この場合例によるというのはつまりその、なんていうか、うまく言えないんですが、というより認めたくないんですが、要するに僕はいつも実習室にこもっているんだってことなのです。例とはこれまでの事例のことを言うんですもんね、当然ですよ。最近自分の進路について、非常に悩んでいます。悩んでいるというよりは悔いております。なんでもっと早く動き出さなかったンなろうなーって。数学を勉強しない学類に入って数学の教師になろうなんて、ね。自分で勉強する方法はあったのに。少なくとも大学にいるうちの方が絶対に勉強に時間を割けるのに。今日は県職員の採用ガイダンスに行ってきました。地元だったんで知り合いに会いましたよ。まぁその知り合いはともかく、周りは自分よりよっぽど真剣に卒業後を考えてるんだろうなーなんて考えてました。今からでも頑張ります。はい。でも頑張りたくないんです。これは困りましたぞ。やりたくないことばかりやってる気がする。こうやってノイブログに愚痴を書き込むのだって、逃避としてやっているのでしょう。逃避って、嫌なことから逃げるときにするものなのに、逃避としてやってることって、楽しめないんですよね、当り前か。ぷよぷよがいかに素晴らしいゲームであっても、逃避場所としての素晴らしさは持ち合わせていないのかもしれません。逃避としてなら部屋の掃除の方がよっぽどいいですね。結果が生活の中に残るから。まぁ僕の今までの人生基本的に逃げでした。消去法で選ぶんですよ。逃げても逃げても、今まではなんだかんだで道がありました。これから先にも道があるのかどうか、僕は不安です。楽な方に逃げたかったのに、どうしてだか辛い方に逃げてきました。結果、やりたくもない勉強をしなければならない。やりたい勉強、というものを僕
残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

舞台裏に魅せられて:作品を支える機材&取り組み

壊れていた自転車のチェーンカバーがついに直りました。宴です。 1年から乗り続けて4年目に突入した宴's チャリですが、つくば-東京を往復したり山登りをしたりで走行距離をガンガン伸ばしており、あちこち修理を重ねて現在に至っています。 卒業まで最低でもあと1年は乗る予定です。もう少し頑張ってくれ…… さて今回のブログ、ノイの 機材や道具に隠された秘密 をご紹介したいと思います。 学内外を問わずあちこちを飛び回って公演をしているノイですが、筑波大の劇団サークルとしては最も小さい団体です。 舞台設営や上演に使う道具を改良し続け、少ない人数でも公演が打てるよう様々な取り組みをしています。 【舞台設営】 筑波大の演劇サークルで唯一、学外でも公演をするノイ。舞台は全て持ち運んで、あっという間に組み上げられます💪 どんな場所での上演でも、妥協のない舞台をお届けするのがモットーです。普段はお目にかからない設営風景をどうぞ! #ノイ新歓2020 pic.twitter.com/9QMENcY8s9 — 筑波大学 人形劇団NEU / Puppetry Troupe NEU (@tsukuba_neu) May 6, 2020 この記事を書いている宴(情報メディア創成学類4年)は、何を隠そう 機材や道具が大好きで、メンテナンスや改造をしまくってきた張本人 です。個人視点でなにを書いてもいいって言われた(言われてない)ので、今回はちょっとコアな内容でお届けします!わあい! 【目次】 【もっと速く簡単に】舞台装置 【より綺麗に、より手軽に】音響・照明 ホールの環境に近い照明 オペレータの人数削減 まとめ <ちなみに>やっぱりすごいプロの技 【もっと速く簡単に】舞台装置 劇団系サークルの多くが単管と木板で組まれた舞台を作るなかで、 大量の幕でできたノイの舞台 はある意味特徴的です。背景となる大きな幕(大黒)や、役者を隠す袖幕などを並べます。 「おとしもの」より(@筑波大学中央図書館 / 2019) 「Compass」より(@学内教室 / 2020) この幕は、かつてはプラスチックの軽量パイプを組み合わせて作っていましたが、いくつか短所がありました。 (枠が歪むので) 寝か