スキップしてメイン コンテンツに移動

「らくご人形劇」初演を終えて / 卒業公演上演時期のご案内

また自転車で転倒しました。宴です。
今度はハンドルから繋がるフォークの軸が歪んだようでかなり落ち込んでいます。なおクラッシュ原因は雨で濡れたタイル、現場は第3エリア噴水横です。
みなさん自転車へ乗る際はお気をつけください。明日自転車屋さんへ行ってきます……。

冒頭から雰囲気を落としてしまいましたが()、今回は嬉しめのご報告です。
Twitterなどでじわじわ作業をお見せしていた秋公演作品「らくご人形劇」が、先週の外部公演で無事初演を終えました🎉




古典落語より題材をいただいて、今回は「山号寺号」「まんじゅうこわい」の2本を制作。低学年向け、およそ20分ほどの小さな作品となりました。

まずは何よりですね。やっと……新作の上演が……できました!!実に1年3ヶ月ぶり!!
過去作品の再演があったり、他作品の制作でトラブルがあったり、パネルシアターなど小作品の上演機会が続いたりで、昨年夏制作の「おとしもの」以来ずっと新作の発表がなかったのですが、ようやく新しい作品を出すことができました。しかも外部のイベントへお招きいただいての出張公演です。演出としても座長としても、またなんとか新作完成に辿り着いたことにとても安堵しています。

また今回の作品はいろんな「ひさしぶり」がありました。まず低年齢向けにちゃんと美術を作る作品を投入するのは、もういつぶりかわかりません。完全なケコミ作品(幕の上に人形を出し、下から役者が隠れて演じる形式のこと)も、昨年の外部公演以来およそ1年ぶり。さらに、人形の手に長い「差金」をつけ操作する手法も、2017年度の卒業公演以来およそ1年半ぶりの復活です。各分野ともに復活に際してのドタバタがありましたが、なんとかなったようです。




そしてさらに!今回の公演は、今年度新入生の「ぼんぼり」の初出演、秋から参加している短期留学生の「霜月」の初現場でもありました。2人とも、制作・稽古期間も含め、とても頑張ってくれました!初めての公演現場でも無事に役目をこなすことができました。次回公演でのさらなる活躍が期待されます。


会場スタッフ一同。左は今回初現場の霜月氏

各方面を褒めたところでちゃんと反省もします。制作・稽古に関わるスタッフが少なかったこともあり、荒削りな点もいくらか見られました。低年齢むけ特有の配慮すべき演出ポイントや、所作・台詞回しなどにはさらなる伸びしろがありそうです。(気づいた方がいるかはわかりませんが)美術周りでの本番トラブル、不慣れによる設営時のインシデントもあったようです。いずれも反省会を経て今後の上演、新たな作品制作に活かす準備をしています。



終演後にはお客さんたちとのコミュニケーションの場を設けています。初めて持つ人形にドキドキ……

なお本作品は、外部からのご依頼を中心にニーズの高い、子ども向け公演のレパートリー作品として制作しました。上演に必要な人数を2名にまで削り、容易な入れ替えを可能にする、また制作に時間がかかる美術を他のストーリーにも転用できるように設計するなど、ある程度長期にわたって上演できるような工夫を入れ(たつもり)です。(がんばりました!💪)

人形劇団NEUは(本作に限らず)、イベントや団体鑑賞などに向けての出張公演をお受けしております。hello@tkbneu.net までぜひお問い合わせくださいませ。

末尾になりましたが、今回の上演機会をいただきましたイベント「Xmas Town つくば」の主催・運営のみなさま、その他制作にご協力いただきましたみなさまにお礼申し上げます。同イベントは音楽・アトラクション・物販を中心とした催事を存分に楽しむことができるイベントです!来年の開催にもご期待ください。詳しくは公式 Facebookへ。

会場内で上演されていたコンサート。一日中、多種多様な音色を聴くことができました



秋公演のドタバタも冷めやらぬうちですが、次回予定の卒業公演に関するご案内です。
実は秋公演の裏でひっそりと企画・準備を進めております。開催日程ですが、2月中旬の平日(ごめんなさい……!)の可能性が高いです。さらなるご案内をお待ちください📅(詳細が気になる方はお問い合わせください)

また、制作・上演に関わるスタッフ・キャストを絶賛募集中です。本公演だけの客演を予定しています(が、そのままノイに入っていただければ泣いて喜びます)ので、予定が空いている方、企画が気になる方はぜひTwitter / Email / LINEなどご連絡・ご相談くださいませ。



今回の記事は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。次回の投稿もお楽しみに!宴でした🙋‍♂️

コメント

このブログの人気の投稿

深夜の実習室で

やっぱりね、普段ネットにつながらない環境にいるとその反動が出ますね。 もう2:00ですよ。でもね、今回は仕方ないです。とあるブログを本当に夢中になって読んでいました。 その名も「ママの○○○○退治!体験談☆」。○○○○にはあの虫の名前がカタカナで入ります。 すでに目を通したことのある方もいるのでは? なんかね、凄そうですね、この人。 いろいろ読みましたよ。ええ。でもマユアルは有料ですか…。メールでも丁寧に答えてくれそうな感じですが。 カテゴリー「○○○○恐怖体験」がね、気になって仕方ないんですが、怖くてクリックできません。 まぁとにかくね、今すぐ部屋に戻って掃除したい気分ですよ。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて

ふらふら

よその団体をふらふらし始めて4ヶ月… ノイに戻ってきました、はっぱです。 人形じゃできないなー。という演目のスタッフを1つ。 人形じゃやりたくないなー。という役を1つ。 人形だからやりたいなー。と顔を突っ込んだのが1つ。 各方面には多大なるご迷惑をお掛けしました(土下座) 仲がいい身内は居心地がいいけど、居着く場所ではなくて帰ってくる場所らしい。 ソースは某SNSより。 割と今そういう気分です。 楽しかった。 けどしっくりくるのはノイだなー、と。 そんな感じです。 うん。 鍋食べたい。 脚本コンペしたい。 人形劇観たい。 海ネズミの国行きたい。 照明で遊びたい。 そんな感じです。 …全て3ヶ月のノイの活動の中で叶えられることでしょう。 ノイブログが冬仕様でいいですね。 雪降ったら雪合戦を企画したい。