スキップしてメイン コンテンツに移動

【新歓】新入生「よくある質問」特集




新歓期ということで、例年新入生のみなさんから寄せられる「よくある質問」をまとめました。
人形劇団ノイでは、いつでも新しい仲間を募集しています!どうぞよろしくお願いします🙇‍♂️

質問を追加しました!(4月20日)
新歓についての最新情報はここをクリック

質問募集中!

質問箱(Peing)や公式LINEのトークで質問を受付中です!お寄せいただいた質問からピックアップして、こちらでご紹介することもあります。
質問箱へ 公式LINEへ

1年生はいつから参加できますか?

  • 正式に入団できるのは「入団ミーティング」からです。例年は5月中〜下旬で実施しますが、こんな状況なのでまだ日程を決めきれておりません……!🙇‍♂️(4月20日現在)公式LINEに登録していただくか、何らかの形でご連絡いただければ、決まり次第こちらからお知らせします。(宴)
  • 新歓企画としてオンラインで、新入生の皆さんと一緒に話す企画などを考えているので、よければぜひご参加ください!こちらも決まり次第、広報でお知らせします。(ぼんぼり)
(4月20日掲載)

どれくらいの頻度で活動がありますか?

  • 週1の定例ミーティングが基本です。公演前の期間はほぼ毎日作業や稽古をしています。
    活動日は固定ではなく、できるだけ多くの人が参加できる日を調整していますが、全部参加できなくてももちろんOKです。試験前や長期休みはおやすみ期間を作っています(宴)

未経験でも大丈夫ですか?

  • 逆に初心者しかいません……👼(宴)
  • 不器用でも全然大丈夫だと思います(みつゆ)

どんな作品を作っていますか?

  • 作品の内容は演出を担当する団員が自由に決めるので、技法も観客層も本当に幅広いレパートリーが揃います。自分が担当する作品は自由な内容で作ることができます✌️
    教育や保育を目的としているサークルではないので、中高生や大人向けの作品も頻繁に登場します。物語やファンタジーの制作が多いのは人形劇ならではでしょうか?(宴)
  • 人形の種類も人形劇で1番にイメージされるようなパペットばかりでなく、一つを何人かで使うもの、棒で支えるものなど色々あります。中には影絵などが登場することも(ぼんぼり)

上演機会はどれくらいありますか?

  • 新歓公演(5月ごろ)・新人公演(9月ごろ)・卒業公演(3月ごろ)に加え、出張公演が例年1〜3回ほどあります。自主公演も複数の会場を巡回することがあるため、多い年では10箇所近くの会場を回ることも!(宴)

どんなところで公演していますか?

  • よく依頼をいただくのは小学校・幼稚園や商業施設・イベントなど。図書館や博物館という例もありました!自主公演でも、学内のみならずギャラリーや県外施設に行ったり、大学間の交流会で上演することも。

    舞台がない場所でもちゃっちゃと機材設営しちゃうのが、このサークル入って一番の衝撃でした……(ぼんぼり)

どの学類の人が多いですか?

  • 今年度は比文、教育、地球、創成がいます(文理が同数!)。過去には心理、芸専、知識なども多かったです。基本的にどこが中心とかはなく、これ以外にも思いの外幅広くカバーしています✌️(宴)

男女比はどれくらいですか?

  • 今年度は男1女3。若干女性が多めな傾向はあるものの、ここ数年までは男性が巻き返して過半数に迫っていた時期だったのでこの先の動向も楽しみです👊 毎年、男女の隔たりなくとても仲が良いです(宴)

2年生以上からでも入ることができますか?

  • できるよ!わたしは3年の終わりに入ったけどたのしいです🙆(逆転満塁打)
  • 途中参加ですがたのしいですー!(みつゆ)
  • 昨年度は三年生で帰国までの半年間だけ参加した留学生もいました。途中からとは思えないほど馴染んで、とても楽しい時間を過ごしました(ぼんぼり)

他サークル・バイトと掛け持ちできますか?

  • この団体の他にもう一つ演劇系のサークルに所属しています。私は主に音響や小道具を担当しており、スキルが磨けたりに技術の応用など中々楽しいです 兼部は可能ですが、公演日程が近い場合、役者を掛け持ちしていると稽古時間が足りないと思うかもしれません。自分の余裕と力量を確認しておくことが大事だと思います!(みつゆ)
  • 今年度は兼サは4人中3人が、バイトは全員がやっています。活動予定は日程調査をしてできるだけ多くの団員が集まれる日に決まるので、組み合わせの自由度も高そうです。ただし公演前後はかなり忙しくなるので注意した方が良いかも(宴)



【ちなみに】答えている団員紹介


宴(情報メディア創成4年・男)
エンジニアのくせになぜか人形劇をやっている。カラクリと照明が好き。関西弁が母国語。自己紹介写真は狂気的な笑顔でボンドを塗る様子。

逆転満塁打(比較文化4年・女)
演劇畑から来た人。ストレートの演劇では脚本家や役者もやっている。深夜に罪悪感と共に食べるチョコ菓子が好物。

ぼんぼり(教育2年・女)
1年間NEUで活動してかなり手先が器用になった、はず(玉どめができるとは言ってない)。1年で人間と動物合わせて5つの役をこなした。アパートに楽器はないけどピアノが好き。

みつゆ(地球2年・女)
北国出身だがスキーは未経験。特技は魚をさばくこと。他の劇団系サークルにも所属しており、音響・小道具を担当する。

コメント

このブログの人気の投稿

新入団員のご挨拶「めぇ」

皆様はじめまして。新入団員とも言えなくなってきましたが一応入団ブログを書かせていただきます、めぇと申します。 実は昨年の秋に入団していたのですが、入団ブログを書くのをサボるにサボって今に至ります。昔から物事を早いうちに片付けられない性分、どうにかしたいものです。先輩方、すみませんでした…。 さて、何について書きましょう。本当は人形劇について書ければいいのですが、なんせ公演経験がない。人形劇の何たるかが未だによくわかっていない。でもとっても素敵なものだな、もっと知りたいなとは思います。 まだよく知らない人形劇について長々と語るのも憚られるので、劇団員の皆様への近況報告も兼ねて最近のことを書こうと思います。今私は長崎にいます。人生で二回目の九州です。免許を取りに来たのであまり観光はできていないのですが、とてもいいところですね。太平洋沿いの町で育ったため海にはそこそこ慣れているのですが、このあたりは島が多いので新鮮です。海の向こうに陸地があるのがなんだか面白い。先日教習がない日に展望台に行って海を見てきたのですが、思っていた以上に感動してしまいました。年ですかね。いつか島巡りでもしたいものです。 さてさて、短いですが今日はこのへんで。新作公演でお会いしましょう。
残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて