スキップしてメイン コンテンツに移動

写真で思い出すいいだ


f0163746_1682766.jpg


飯田駅着

去年よりは長く感じなかった電車での旅。

6年目のふんわりさんは、初 電車でいいだ入り。(いつもは車だから)

駅前のタイルには過去のワッペンのデザインがはめ込まれているんだよ

とサブレちゃんに教えてあげたら、「それ去年も宇宙さん言ってました」と胃腸ちゃんに言われる。





f0163746_1684576.jpg


フェスタ本拠地、文化会館・人形劇場に到着。

上り坂なので疲れる。





f0163746_1685986.jpg


基本参加登録したらオリジナルバックをもらう。

イラストは今年からフェスタのイメージキャラクターになった「ぽぉ」の4コマ漫画。

内容がちょっと変わってる。

胃腸ちゃんがほしいと言ったのであげた。

後日販売されているのを見つけて胃腸ちゃんがっかり。





f0163746_16115657.jpg


飯田でのご飯は、食事係となった斜面君が朝早くから責任を持って作ってくれた。

そして同じく食事係だったサブレちゃんも責任もって手伝っていた。

7~11人前の食事を準備するのは大変そうだった。

しかしそれを乗り切った斜面君、おみごと。

おいしかったー





f0163746_1617599.jpg


今年は例年より小さめの人形になった。

人間でやるとか言ってたのを、やっぱり人形でやるとか言ったけど、

よく考えたら作る量が多くてとても大変。

初めの頃は楽しく作れたけれど、後半果たして出来上がるのかと心配になり、

色付けは積み込み直前にギリギリ終わった。

初めてちょっとした仕掛けをつけた人形を作った。





f0163746_1625540.jpg


泊まった公民館のすぐ隣は野球場。

ときどきボーっとしてると少年たちの掛け声が聞こえる。

青い春。





f0163746_1627278.jpg


町を歩いていて上を見上げると、

アーケードの柱にマリオネットが、

そこにもここにも

そこらじゅうの柱についていた。

一体全部で何体いるんだ?





f0163746_16303533.jpg


f0163746_1634016.jpg


食べる処を探して歩いていたら、

江戸糸操り人形に遭遇。

以前は確かステージで見たけど、

外で見る方がなんか良い。

最後にみんなで獅子舞に頭を噛んでもらった。健康祈願。





f0163746_16345169.jpg


チェコ在住の日本人人形劇人、沢則之さんのワンドリンク付き公演を見に行った。

ジンジャーエールがあったからそれを頼んだ。

本物のジンジャーエールで、のどが痛くなった。

私はニセモノの方が好き。





f0163746_16375340.jpg


3日には私の家族が山梨から日帰りでいいだに遊びに来た。

ロシアの影絵や大道芸人バーバラ村田さんの公演を見て、

大満足で帰っていった。





f0163746_16471586.jpg


5日に我々人形劇団NEUの公演をした。

会場のホテルの担当の人がちょっと恐かったけど、

お客さんからはいい反応が返ってきて、うれしかった。

急遽自分たちでアンケートを用意してほんとによかった。





f0163746_16535468.jpg


フェスタのスタッフの人に教えてもらって使ってみたアンプ。

やっぱりラジカセよりいい音を出せる。

これからは臆せず使っていきたいもの。





f0163746_16564736.jpg


会場作りや整備やビデオ撮影などを、

一緒に飯田に来た先輩たちが手伝ってくれた。

いざというときに頼れる先輩がいるってありがたい。





f0163746_1732335.jpg


NEUを引退した先輩たちが結成している小芝居集団コーンポタージュ、

今年もいいだフェスに参加。

今年から催される大人向けのイベント、フリンジシアターに向けて深夜に練習中。

いろいろと演出が変化してきていて面白い。

それを横目に宇宙・胃腸薬・ぐるぐるは7並べと大富豪をする。

胃腸ちゃんに勝てない。





f0163746_17415449.jpg


先輩たちに追いつこうと走る胃腸ちゃん。

でも結局、この日見ようとしていたアル・インプロビッソのワッペン公演は満員で入れず。

次の日は公演の仕込みでNEUの現役は見ることは出来なかったけど、

先輩たちは次の日見たそうです。いいなー





f0163746_17494354.jpg


血圧と脈拍を測る。

私も胃腸ちゃんも正常値でした。





f0163746_17504757.jpg


NEUのOGの木野さんが来る。

杏仁豆腐やスモモを差し入れてくれる。

私はコインランドリーへ洗濯に行った後、輪の中に入れてもらう。

これから木野さんは福島へ無農薬メロンを作りに旅立つそう。

農業っていろいろと深い精神があるらしい。

芸術を学んだ後に身体について学び、そしてこれから農業について学ぶなんて、

木野さんのスケールの大きさを感じた。

そんな木野さんをも悩ませたコメッコというお菓子の箱裏のクイズ。

ヒントなしで解けるひといるかな?





f0163746_1825094.jpg


f0163746_18352360.jpg


f0163746_18372437.jpg


2年間休止されていた学生連続公演が、学生交流公演と名前を変えて今年復活。

3年生の私は初めて参加した。

この公演は複数の学校が自分たちの作品を持ち寄って、同じ場所で公演するというもの。

そして公演後に、お互いの作品を見て感じたことを言い合う。

プロの人形劇人の人が講師となってくれ、作品がよりよくなるように短時間だが指導してくれる。

自分の劇が指導されるのは初めてだったので緊張した。

すごくいい経験になった。やっぱりプロはすごい。

会場は追手町小学校の講堂。

学校が高いところにあるので眺めがすごくいい場所。

講堂は全部桜の木で出来ていて、有形文化財なんだとか。

一昨年も公演したけど知らなかった。

レトロな感じでいい。





f0163746_18382097.jpg


NEUのOGメロンパンさん。

卒業後、飯田市に勤めている。

今年は学生交流公演が復活したので、

いろいろお世話になりました。

しっかりしていて、且つやさしい方。





f0163746_18532248.jpg


f0163746_19134041.jpg


学生交流公演のあとには、お互い感想を言い合う合評会があり、

その後には飲み食いしながら話す交流会があった。

私と胃腸ちゃんだけ参加。

フェスタの方から「田辺」という社会人の方がやっている劇団の公演をプレゼントされる。

短い毒のある劇で、学生たちに大うけしていた。

会が始まると輪に入れずにいたが、

人形劇団ZOOさんの二人の方が話しかけてきてくれた。

胃腸ちゃんはメロンさんや、

胃腸ちゃんをコンビニさんと間違えていた、人形劇団だいぶつのOGの方とお話したそう。

帰り際に照明のことを気遣ってくださった結び座の安藤さんから、

今回の劇の照明についていろいろアドバイスをいただいた。

もう少しお話したかったが、コンポタの公演に遅れるため帰らせてもらう。

なんだか逃げてきちゃったみたいな感じになって申し訳なかった。





f0163746_19152032.jpg


コンポタのフリンジシアターでの公演。

「9回の裏」というペスさんの作品。

タイトルの通り野球がテーマの作品。

最初の、セリフだけのシーンでもお客さんがうけていて、

途中、この作品最大の仕掛けが登場すると、

お客さんから「おーー!」という声が上がった。

終わった後は会場から大きな拍手が上がっていた。

なんだか見ているこっちもうれしくなった。





f0163746_1946836.jpg


次の日の夜もまた、コンポタはミッドナイトシアターという深夜の公演があった。

こちらは任天堂のゲームを題材にした「8bit」という、ふんわりさんの作品。

司会の人が「ハチビット」と言ったのが可笑しかった。

正しくは「エイトビット」。

500人くらい入る大きな会場での公演。

スタッフさんもいっぱいいらっしゃって、

本番よりも仕込みのほうが緊張した。かも。

バーバラさんと同じ舞台に立てて、ミーハーな私は

ちょっとうれしかった。





f0163746_1925185.jpg


f0163746_1945648.jpg


本番前、外では飯田市のお祭りで人がいっぱい。

りんごんりんごんと踊りながら練り歩いていた。

私は毎年買っていたお祭りのオリジナル手ぬぐいを買えて、大変満足。

3枚買っといて、胃腸ちゃんとペスさんにあげたら喜んでくれたので、

もう5枚買ってみんなにもあげた。





f0163746_23424222.jpg


f0163746_23441715.jpg


f0163746_2345214.jpg


f0163746_23452522.jpg


飯田は暑い。

でも空が広くて、

雲の表情が驚くほど豊か。





f0163746_23465555.jpg


フェスタ最後の演目、ミクロポディウムの整理券をもらって、

空いた時間にペスさんを尾行すると、たい焼きにあり付いた。





f0163746_23505184.jpg


f0163746_23544727.jpg


フェスタに参加した劇人が参加できるお別れパーティー。

小学生から、結構年配の人まで、みんなでパーティー。

初めて参加したが、想像以上の賑わい。

最後にはみんなで輪になって踊っていた。





写真に撮れなかったこともいっぱいあったけど、

写真に撮れただけでもいろんな出来事があった。

こんなに楽しませてくれたいいだの皆さんに、ほんと感謝。







宇宙












コメント

  1. モノで思い出す…を先に読みましたが、こちらも負けず劣らず長いですね!

    ケータイからなんですが、ページ取得時間がかかるかかる(笑)



    写真のある世界に生まれて幸せです。



    胃腸薬

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

深夜の実習室で

やっぱりね、普段ネットにつながらない環境にいるとその反動が出ますね。 もう2:00ですよ。でもね、今回は仕方ないです。とあるブログを本当に夢中になって読んでいました。 その名も「ママの○○○○退治!体験談☆」。○○○○にはあの虫の名前がカタカナで入ります。 すでに目を通したことのある方もいるのでは? なんかね、凄そうですね、この人。 いろいろ読みましたよ。ええ。でもマユアルは有料ですか…。メールでも丁寧に答えてくれそうな感じですが。 カテゴリー「○○○○恐怖体験」がね、気になって仕方ないんですが、怖くてクリックできません。 まぁとにかくね、今すぐ部屋に戻って掃除したい気分ですよ。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて

ふらふら

よその団体をふらふらし始めて4ヶ月… ノイに戻ってきました、はっぱです。 人形じゃできないなー。という演目のスタッフを1つ。 人形じゃやりたくないなー。という役を1つ。 人形だからやりたいなー。と顔を突っ込んだのが1つ。 各方面には多大なるご迷惑をお掛けしました(土下座) 仲がいい身内は居心地がいいけど、居着く場所ではなくて帰ってくる場所らしい。 ソースは某SNSより。 割と今そういう気分です。 楽しかった。 けどしっくりくるのはノイだなー、と。 そんな感じです。 うん。 鍋食べたい。 脚本コンペしたい。 人形劇観たい。 海ネズミの国行きたい。 照明で遊びたい。 そんな感じです。 …全て3ヶ月のノイの活動の中で叶えられることでしょう。 ノイブログが冬仕様でいいですね。 雪降ったら雪合戦を企画したい。