スキップしてメイン コンテンツに移動

マクベス→Life is the limited time




今日は六本木の俳優座へ、人形劇団ひとみ座の「マクベス」を観に行ってきました。

今日は、ぐるぐる君と胃腸ちゃんと、もりりんさんと私の4人です。

稽古見学のときに見たシーンもありましたが、そのときとは違う演出になっていたり、

照明も入って、さらに迫力のある舞台になっていました。

でも、見学のときに、かなり間近で芝居を見たときの迫力はまた特別だったなーと感じました。

今回の芝居はかなり黒子の人数が多いので、最初は少し気になりましたが、

徐々に物語に入り込むと、キャラクターの動きが際だって見えてきました。

舞台の演出が加わって、魔女のシーンのスモークがかっこよかったです。

他にも、マクベスと夫人のやりとり、マクベス夫人の独り言、

マクダフの子供のはしゃいだ動きとか、マクベスの殺陣もカッコイイです。

フリーランスの「父上ー!!」もすごくよかったです!

あと、医者と侍女の動きが生き生きしてました。

あんなに長いお芝居を重い人形を持ってやるのはさぞかし大変だろうなと思いました。



そして夜は、私一人でダンス部公演を見にシアター1010へ。

去年に引き続き、北千住まで見に来たのは2回目でしたが、よかったですよー。

ダンスの公演はストーリーとかセリフとかないので、

照明とか衣装とか小道具が引き立つなーと感じます。

動きや音楽は流れているので覚えていられないのですが、そういう視覚的な印象が残ります。

面白かったのは、2部の最初の演目の布の使い方です。

人が大きい白い布の下に入って、リフトをすると、背の高い人になったり、

氷山の上に人が乗ってるみたいでした。

そして、芸専の先輩の城さんと、コンポタに出演していただいた石山さん達の演目です。

出演者が男性だけで、肌が強調された衣装で、照明で照らされた背筋が綺麗でしたー。

ミケランジェロの彫刻みたいに、筋肉と美が共存し、そこに動きが加わったみたいな。

でもバレエみたいな直線的なフォルムではなくて、城さんらしい面白い動きでした。

石山さんを見ていたら、一昨年のたまごで踊り狂っていた金髪の石山さんを思い出しました。

幕間も、ユーモアがあって面白かったです!



帰りに北千住のそば屋に寄りました。美味しかったですー。



宇宙












コメント

  1. マクベス見ましたが、宇宙ちゃんのレポートにあったとおり、マクベスが確かにものすごくかっいい!

    人のようで人でない半虫半人デザインが、生きてるみたいに動くのは感動的でした。



    最近いろんな舞台見に行ってるねー!

    就活も大変だろうに、すごい体力!

    体調崩さないように気をつけてー。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

舞台裏に魅せられて:作品を支える機材&取り組み

壊れていた自転車のチェーンカバーがついに直りました。宴です。 1年から乗り続けて4年目に突入した宴's チャリですが、つくば-東京を往復したり山登りをしたりで走行距離をガンガン伸ばしており、あちこち修理を重ねて現在に至っています。 卒業まで最低でもあと1年は乗る予定です。もう少し頑張ってくれ…… さて今回のブログ、ノイの 機材や道具に隠された秘密 をご紹介したいと思います。 学内外を問わずあちこちを飛び回って公演をしているノイですが、筑波大の劇団サークルとしては最も小さい団体です。 舞台設営や上演に使う道具を改良し続け、少ない人数でも公演が打てるよう様々な取り組みをしています。 【舞台設営】 筑波大の演劇サークルで唯一、学外でも公演をするノイ。舞台は全て持ち運んで、あっという間に組み上げられます💪 どんな場所での上演でも、妥協のない舞台をお届けするのがモットーです。普段はお目にかからない設営風景をどうぞ! #ノイ新歓2020 pic.twitter.com/9QMENcY8s9 — 筑波大学 人形劇団NEU / Puppetry Troupe NEU (@tsukuba_neu) May 6, 2020 この記事を書いている宴(情報メディア創成学類4年)は、何を隠そう 機材や道具が大好きで、メンテナンスや改造をしまくってきた張本人 です。個人視点でなにを書いてもいいって言われた(言われてない)ので、今回はちょっとコアな内容でお届けします!わあい! 【目次】 【もっと速く簡単に】舞台装置 【より綺麗に、より手軽に】音響・照明 ホールの環境に近い照明 オペレータの人数削減 まとめ <ちなみに>やっぱりすごいプロの技 【もっと速く簡単に】舞台装置 劇団系サークルの多くが単管と木板で組まれた舞台を作るなかで、 大量の幕でできたノイの舞台 はある意味特徴的です。背景となる大きな幕(大黒)や、役者を隠す袖幕などを並べます。 「おとしもの」より(@筑波大学中央図書館 / 2019) 「Compass」より(@学内教室 / 2020) この幕は、かつてはプラスチックの軽量パイプを組み合わせて作っていましたが、いくつか短所がありました。 (枠が歪むので) 寝か

いじわるなおんなのこ

こんにちは、(うまく仕事できなくてしかられてばっかりのWeb担当)風鈴です。 とりあえずNEUの公式HPを卒業公演向けに更新しました!!!というところなのですが。ええ、無事に更新できましたぱちぱちぱちー。 個人的にとても卒業公演を楽しみにしております。但し自分が関われるのはスタッフのみ……(SHU☆KA☆TSUとかいうやつのためです)なのですが、陰ながら応援してたりします。 伝えたいのはほんとに卒業公演向けにHP更新したよ!ってだけなんですけど、タイトル意味深ですよね。こういうことです。↓ こんなエラー表示が出るんです。更新の度に。ちなみに、基本的には更新は反映されるんですよこれが出ても。いじわるですよねーこの子。 そんないじわるな愛機ではありますが、しかも最近はたけくらっしゅおこして大変なんですけど大事に使ってます。(つまりおんなのことはパソコンのことです) なにが言いたいのかよくわかんなくなってしまいましたが、卒業公演楽しみに待ってます!