スキップしてメイン コンテンツに移動

歌のように話せたら


こんばんは、ねごとです。



「あったかいなあ」と思ったらときどき「あつい」が感じられるようになり、そして今日は雨でしたね。

もう梅雨なのでしょうか。お洗濯に困りますね。



さて、どうやら明日から新歓公演の仕込みが始まるらしいですよ。

にわかには信じがたいですけど。



新歓公演「NEUer Hofnarr(読み方が最近わかった)」の見どころ解説をしようかと思ったのですが、なんだか今回は上手な宣伝文を考えるよりかは、実際に観ていただかないと伝わらないだろうという部分が多いなと思ったので。

今のねごとの思うことを、つらつらと書いていこうと思います。

この記事のカテゴリも「ひとりごと」にしましたしね。





これまで、新歓本祭から始まり、お花見、過去公演鑑賞会、そしてWSと、さまざまなイベントをしてきました。

新入生のみなさんに人形劇の良さをご紹介する一方で、ねごともいろいろねごと自身のこと、ノイのこと、思わぬところに気付かされたりした、そんな1か月間だったなと思います。



というのも、新歓イベントの一環でいくつか自分が出たノイの過去公演を観る機会がございまして。

1年生のときのねごとはなかなかぶきっちょで(いやそれは今もだ……)、最初の新人公演なんて恥ずかしくって目もあてられませんでした。当時は結構頑張ったつもりでいたんですけどね。



ですが、「あ~あの時の自分はこんなにだめだめだったなあ」って今思えるのは、なんでしょう、ある種の成長の形なんだな、って、今思いました。

過去の自分のだめだめだったところを肯定することで、だめだめなりにも、自分は少しずつ前に進めているのではないかなといいますか。



一例をあげると、まあ新歓関係でねごとを見かけた人には一目瞭然かと思うのですが、ねごとって超コミュ障なんですよね。

その上あがり症で、自分の新人公演のカーテンコールなんて後から見たら無茶苦茶でした。大爆笑。



そのくせして(だからこそ?なのかな?)歌とかお芝居とか、舞台の上で自分の素の状態から離れられる時間がすきで。

いわば「喋れないけど歌えるよ」というやつでして、素のままではできないことを、歌とか人形とかそういったものから勇気をもらってやってるみたいな、そんな感じ。

都合のよい言い回しになってしまうのですが、自分のなかにあるものを表現するのに、人形はわたしの喉元で止まってしまう言葉を代弁してくれるうってつけのツールなわけです。

(ちなみにノイは割と人見知りというか恥ずかしがり屋さんな人が多い傾向にあるので、わたしみたいな人が他にもいると信じて書いてます。)



そういうことがすきな自分に気付けたのは、結構最近のことだったりします。

ノイに入った時のねごとはたしかそんなに難しいことは考えてなくて、ノイに入った動機がなにかあったとすれば、

「何か新しいことをはじめてみたい」「はっぱさん(当時新歓担当をされていた先輩ですね)がかっこいい」

「小さい頃から人形遊びが好き」

そんなもんです。

あっあと「ご飯が美味しい」とか(追記)。

後になって時の鐘ちゃんとかと話しても思ったのですが、本当に大したことない理由でねごとはここにいます。





それでも人形劇をはじめて、いいだにも行って、ひょんなことから座長になって、何だかんだで3年生になりました。

自分に人形劇の才能があるかといったら、まあそんなものは微塵も感じられないと思うのですが、それでもこの2年間、人形たちの力を借りていろいろなことができるようになりました。

カーテンコールもいつの間にか、言葉を詰まらせることなく言えるようになってました。

ちゃんと前に進めています。



そして今は1年生に人形劇の魅力を伝えていく側の人になってるんだな、と思うと、なんだか感慨深いです。





いつか大学を卒業して、「わたしの大学生活はこうだったな」って思い返すときはどんな風に思うのかしら。



そんなことを、新歓公演の脚本を読みながら考えておりました。





おっ!なんか長々と偉そうなこと書いちゃった!

しかも中身がまるでない!



新歓公演そのものはもっとふわっとした気持ちでも十分楽しめる演目になっているかと思います!

たぶん先のようなねごとのうわごととは関係ありません!



前にも申しました通り、今回は「黒」「白」「灰」の3本立てとなっておりまして、どれか一つを観ても楽しめますし、3つ観ると何倍にも増して美味しい構成になっております。

詳しくはここではあまり言えないのですが、ぜひぜひ!お越しください!

ねごとも明日からまた気合を入れて頑張りまっする!はっするはっする!



ということで、新歓公演「NEUer Hofnarr」、よろしくお願いします!

舞台が無事に立つといいなあ!



ねごとでした!












コメント

このブログの人気の投稿

富士山アネットー不憫ー

14日に体芸中央棟で行われたパフォーマンスを私も手伝っていたのですが、 そこでは3月のコンポタ「さよならワンダーランド」で“チョコレイト”に 出演していただいた石山優太さんも手伝っていらっしゃって、 打ち上げでとっても素敵なチラシ(?)をいただいたので、 皆さんにも宣伝しようと思います。 なんとビニールバックに公演情報など印刷されたものがチラシがわりでした。 サイズはA3くらいで、私もそんなチラシは初めて見たので感激しました! 城さんから話を伺ったところでは、演劇っぽいダンス?だそうです。 ストーリーはあるのだけれど、セリフはなくて、全部動きで表現しているんだそうです。 会場は下北沢のザ・スズナリです。すごいですね。 以下詳細です。 「不憫」 作・演出・振付 長谷川 寧 病院という施設内、其処に居る数々の不憫な人間が、 その肉体を必要に駆られて変えて行く様は、まるで人間の進化。 ●日時 2008.12.26(金)ー29(月) 26     20:00 27 15:00 19:30 28 15:00 19:30 29 14:00 18:00 開場は開演の30分前、受付は1時間前 ●チケット(日時・全席指定) 早割 2500円(振込・11/20まで) 前売 2800円 当日 3000円 学生 2500円(前売当日共・要学生証) 団体 7800円(3名・要予約) ●会場 下北沢ザ・スズナリ 小田急線・京王井の頭線下北沢駅、南口徒歩5分 富士山アネット プレゼンツ 代表の長谷川さんは、パパタラにも参加してるみたいですよ。 http://fanette.fc2web.com/ 宇宙

ケーキ食べたい

こんばんは。 空気を読まないことで定評のある一人旅です。 わたしはわたしが書きたいことをじゆーに書くのです。 読者が読みたいことなんて書かないのです。 ゴマすりなんてしないのでぃす\ばーん/ ケーキ食べたい。 どうやら人形劇団NEUは来年度の卒業公演、 つまりはっぱ風鈴の卒公を持ちまして解散となる見込みです。 OGとなって偉そうにコメントするという野望は 叶いそうにありません(残念) せっかく今回の学祭のOBOG勢の 勢ぞろい度を見ていいなあと思っていただけに ちょっぴり残念。まあいいんですけどね~ ケーキ食べたい(閑話休題) 卒業公演が動き出すのか動き出さないのか。 まあこれはカット。多分やるでしょう。 ケーキ食べたい。 ノイの仲良し度について。ポケモンでぼかしながら。 チコリータは攻略済みです。デレデレです。 ブラッキーが中々なついてくれません。人見知り具合には困ったものです。 スワンナはヤンデレ具合をさらけ出してくれるまでなついてくれました。 アンノーンは相変わらずです。相変わらず裏表なく自由に生きてます。 チリーンは人に頼ることを覚えさせるわざマシンがあればいいなと時々思います。 DはDです。ぷいぷい。 仲が悪かったり良かったり。まあ、基本的に陰険な人はいないので 内輪でもしょもしょやっております。\たのしいよ/ ケーキ食べたい。 うーん。話題ない時興味ないのに興味あるフリして 私の土俵の話題を振ってくれる将来出世しそうな人に 時々会うのですが、そういうの優しさではないなと 自分も同じことしてて気づきました。 だって相手に一方的に話してもらって 場をもたせたいだけの怠けだもの。 相手が興味持ってない話題を相手が退屈しないように 一方的に話すのってものすごくめんどくさくて難しいもの。 最近の一人旅は昔よりはちょっぴり成長して 「思ったことを自由に話したい」から一歩進んで 「相手にとって面白い話」をしたいなと最近思うのです。 全然できないけれどね。むずかしいねっ。 ああ面白い人になりたい。なりたい。 (もちろん聞き上手になれるようにも目指してますよん言い訳) 車とゴルフと過去の栄光しか話の持ちネタがない バブリーおじさんと話すときは重宝

星の王子さま

いいだで見る前に日本語訳を読んでおこうと、 先日集英社文庫から出ているものを購入して読みました。 読みたい方にはお貸しするので言ってください。 読んだ後にノイのHPの星の王子さま公演のスライドを見ました。 昔は舞台美術が凝っていたようです。 どのシーンかわからないところがちらほらあるのがいいなと思いました。 映像でみてみたいですが、残っているんだろうかと思いました Φ’s