スキップしてメイン コンテンツに移動

ねごとのたわごと、えそらごと


台風も通り過ぎて、すっかり夏の終わりの陽気ですね。



こんにちは、ねごとです。





夏の公演……終わっちゃいました。







まずは公演に足をお運びいただいた皆様、ありがとうございました。



雨の日が大好きな主人公の「彼」のおかげで、雨に恵まれた公演になりましたね。

本番準備をしながら、今頃彼は「いや~いい天気だな~!(CV.侍ゴスペラーズ)」なんて言ってはしゃいでるのかしらと思いました。

とんでもないですね。

お客さんが皆無事にご帰宅できたことを祈ります。

おい誰や4DXって言ったやつ……誰や……笑えんわ……。



ともあれ、無事に3回公演とバラシまでできてほっとしております。

この公演に関わってくださった全ての皆様にお礼申し上げます。

新人のやまびこちゃんを迎えましたノイを、これからもどうかよろしくお願いいたします。





追記は演出の独り言です。

いつもは演出さんを差し置いて好き勝手ブログに書くのは気が引けるなあ……と思うのですが、今回は私が演出なので遠慮することないですよね。

すこし長々と書いてしまおうと思います。



一部蛇足になるお話を含むかもしれないので、読まなくていいかな~と思った人はそっとお戻りください。



それでは。









えそらごと。絵空事。

「絵には美化や誇張が加わって、実際とは違っている意から、大げさで現実にはあり得ないこと」を意味する言葉なのだそうです。



今回の物語の主人公は、えそらごとの世界の住人。

もう一人の主人公は、えそらごとの描き手となる、空想好きの女の子でした。



実を言うと、ねごとがその「空想好きの女の子」だったのです。



小学生くらいの時からオリジナルの物語を描くのがすきで、ノートに書きなぐったものが多分まだ実家に大量に残っています。

黒歴史も黒歴史なのでそろそろ捨てたい。捨てて欲しい(懇願)。

玉ねぎがキッチンの平和を守るために戦う話とか、攫われたお姫様が勇者に助けられる前に魔王に恋に落ちる話とか。

小学生の発想ですからね。本当にしょうもないのばっかりです。



でも自分で作ったキャラクターにはやっぱり愛着が湧いてきて、ふと、「このキャラクターが作り手の手を離れて、具現化して、自分の意思で動くようになったらどうなるんだろう?」と思いました。

それが、今回のお話を作るに至ったきっかけです。





脚本を書いてノイの皆に見せる前は、不安でいっぱいでした。

今までは自己満足で書いて、せいぜい仲の良い友達何人かに見せて終わりだったけれど、それを公演として打つなら話は別です。

「これがちゃんと人形劇になる?」「皆に脚本を好きになってもらえる?」「客演の方を何人かお呼びするけれど、一緒に楽しんでもらえる?」

ときどき孤独感さえ感じながら、ひたすら考えて、悩みました。



それから本当に、本当に、いろいろなことがあって、いろんな人に迷惑をかけて、でも稽古場はいつだって楽しくて、それでもうまくいかないときはうんうん唸ってきましたが、本番の舞台をオペ席から見たとき、なんだかぜんぶ報われたような気がしました。



演出挨拶に書かせていただいた通り、わたしの空想だったものが、ちゃんと形になって、しかも空想以上になって、目の前に姿を見せてくれました。

今回はじめて棒人形を持った役者さんも本当にじょうずに人形を持ってくれて、まるで私の生み出したキャラクターそれぞれに意思が芽生えたような、そんな錯覚さえほんの一瞬ですが感じさせてもらえました。



それらは、役者さん達が居なかったら、ものづくり総監督さん、舞台監督さん、音響さん、照明さん(……は、私か…私だ……)、宣美さん、当日スタッフさんが居なかったら成しえなかった光景でした。

ねごと一人じゃ、このお話は形にならなかった。



そして何より、新人のやまびこちゃんが入ってくれなかったら立たなかったかもしれない舞台です。

こんなに嬉しいことってありません。



みんながお芝居を完成させてくれたお陰で、私はこのお話を胸を張って好きと言えるようになりました。

これからもきっと、「みんな」が私の背中を押してくれることでしょう。





大仰なこと書いてしまいましたが、つまるところは皆でお芝居つくるの楽しい!っていうのが言いたかったんです。文章へたくそか。

つくることはやめられない。これです。



そんなこんなで、今後のノイの活動の見通しはまだもやっとしたままですが、追ってお知らせしていけたらいいなあと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。





PS. カーテンコール曲の「Daydream Believer」という曲、日本語歌詞でカバーしたバージョンもとっても素敵なので聴いてみて下さい。ちなみに原語版が叶わぬ恋に焦がれる夢見がちな子視点の歌詞で個人的女の子×男の子イメージ、日本語版が「きみのお陰でずっと夢をみさせてもらえたんだ、僕は幸せだったよ」みたいな歌詞で個人的女の子×アンブレライメージです。



……これこそ蛇足でしたね。

ではでは、ねごとでした。













コメント

このブログの人気の投稿

富士山アネットー不憫ー

14日に体芸中央棟で行われたパフォーマンスを私も手伝っていたのですが、 そこでは3月のコンポタ「さよならワンダーランド」で“チョコレイト”に 出演していただいた石山優太さんも手伝っていらっしゃって、 打ち上げでとっても素敵なチラシ(?)をいただいたので、 皆さんにも宣伝しようと思います。 なんとビニールバックに公演情報など印刷されたものがチラシがわりでした。 サイズはA3くらいで、私もそんなチラシは初めて見たので感激しました! 城さんから話を伺ったところでは、演劇っぽいダンス?だそうです。 ストーリーはあるのだけれど、セリフはなくて、全部動きで表現しているんだそうです。 会場は下北沢のザ・スズナリです。すごいですね。 以下詳細です。 「不憫」 作・演出・振付 長谷川 寧 病院という施設内、其処に居る数々の不憫な人間が、 その肉体を必要に駆られて変えて行く様は、まるで人間の進化。 ●日時 2008.12.26(金)ー29(月) 26     20:00 27 15:00 19:30 28 15:00 19:30 29 14:00 18:00 開場は開演の30分前、受付は1時間前 ●チケット(日時・全席指定) 早割 2500円(振込・11/20まで) 前売 2800円 当日 3000円 学生 2500円(前売当日共・要学生証) 団体 7800円(3名・要予約) ●会場 下北沢ザ・スズナリ 小田急線・京王井の頭線下北沢駅、南口徒歩5分 富士山アネット プレゼンツ 代表の長谷川さんは、パパタラにも参加してるみたいですよ。 http://fanette.fc2web.com/ 宇宙

ケーキ食べたい

こんばんは。 空気を読まないことで定評のある一人旅です。 わたしはわたしが書きたいことをじゆーに書くのです。 読者が読みたいことなんて書かないのです。 ゴマすりなんてしないのでぃす\ばーん/ ケーキ食べたい。 どうやら人形劇団NEUは来年度の卒業公演、 つまりはっぱ風鈴の卒公を持ちまして解散となる見込みです。 OGとなって偉そうにコメントするという野望は 叶いそうにありません(残念) せっかく今回の学祭のOBOG勢の 勢ぞろい度を見ていいなあと思っていただけに ちょっぴり残念。まあいいんですけどね~ ケーキ食べたい(閑話休題) 卒業公演が動き出すのか動き出さないのか。 まあこれはカット。多分やるでしょう。 ケーキ食べたい。 ノイの仲良し度について。ポケモンでぼかしながら。 チコリータは攻略済みです。デレデレです。 ブラッキーが中々なついてくれません。人見知り具合には困ったものです。 スワンナはヤンデレ具合をさらけ出してくれるまでなついてくれました。 アンノーンは相変わらずです。相変わらず裏表なく自由に生きてます。 チリーンは人に頼ることを覚えさせるわざマシンがあればいいなと時々思います。 DはDです。ぷいぷい。 仲が悪かったり良かったり。まあ、基本的に陰険な人はいないので 内輪でもしょもしょやっております。\たのしいよ/ ケーキ食べたい。 うーん。話題ない時興味ないのに興味あるフリして 私の土俵の話題を振ってくれる将来出世しそうな人に 時々会うのですが、そういうの優しさではないなと 自分も同じことしてて気づきました。 だって相手に一方的に話してもらって 場をもたせたいだけの怠けだもの。 相手が興味持ってない話題を相手が退屈しないように 一方的に話すのってものすごくめんどくさくて難しいもの。 最近の一人旅は昔よりはちょっぴり成長して 「思ったことを自由に話したい」から一歩進んで 「相手にとって面白い話」をしたいなと最近思うのです。 全然できないけれどね。むずかしいねっ。 ああ面白い人になりたい。なりたい。 (もちろん聞き上手になれるようにも目指してますよん言い訳) 車とゴルフと過去の栄光しか話の持ちネタがない バブリーおじさんと話すときは重宝

星の王子さま

いいだで見る前に日本語訳を読んでおこうと、 先日集英社文庫から出ているものを購入して読みました。 読みたい方にはお貸しするので言ってください。 読んだ後にノイのHPの星の王子さま公演のスライドを見ました。 昔は舞台美術が凝っていたようです。 どのシーンかわからないところがちらほらあるのがいいなと思いました。 映像でみてみたいですが、残っているんだろうかと思いました Φ’s