スキップしてメイン コンテンツに移動

【いいだ1日目】 いいだへの車窓から/「高丘親王航海記」鑑賞レポート


お出かけの荷造りを先延ばしにしまくった結果、睡眠時間2時間で泣きながら夜通しバッグに荷物を詰め込む羽目になりました。
こんばんは。電車の中で寝まくったのにまだ眠い演出の宴です。

毎年恒例・夏のいいだ合宿が昨日より始まっております!
長野県飯田市で開催される国内最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」に、舞台鑑賞と遠征公演を兼ねて参加する大イベント。
飯田市って言ってわかります?ここですここ。長野県内では南の方に位置する街です。

f0163746_23242843.png

実は筑波大はここ数年、フェスタの会期と春学期の試験期間がウルトラヒットする惨事に見舞われています……。今年もいいだ入りは試験が終わった団員から順次、ということになりました。

1日目からいいだ入りしたのは、プリンの魅力のたゆまぬ布教を続ける我らが座長:やまびこと、やっぱり関西弁が抜けないままの演出:宴の2名です。
朝7時につくばを出発(二人とも朝まで荷造りしていたなんてそんな)。JRを乗り継ぐこと8時間半、夕方になんとかいいだに到着です。
いいですねいいだ!ワクワクしますね!去年はいいだでの上演が叶わず観劇のみだったので、団員2名は文化会館の前にノイののぼりが上がってるのとか、ガイド冊子にも紹介が載ってるのとかに無性に感動しました。

f0163746_07324908.jpg

到着も早々に、宿泊地の丸山公民館に荷物を放り出して観劇に向かいます。
いいだ一発目の観劇は、ITOプロジェクト「糸あやつり人形芝居 高丘親王航海記」


ITOプロジェクト(関西の糸あやつりに関わる有志で2001年結成)制作。天野天街(少年王者舘主宰)脚本・演出。原作は高丘親王の不思議な体験、奇妙な生き物との出会いを著した、幻想小説「高丘親王航海記」。澁澤龍彦の遺作であり、集大成と言われる。(公演紹介より)


技法は糸操り。西洋のものだと「マリオネット」として知られるあれですね。
ホールの舞台に1メートル足らずくらいの高さを作り、その背景の後ろにさらに高い足場を組んで操る形式です。

宴は過去に伝統系の糸繰り人形しか見たことがなく、現代のオリジナル技法な糸操りを見るのは初めてでした。
いやもう……びっくりするったらありゃしない……糸で操るという技をそのままに、こんなに自由な人形が作れるんだなぁという気持ちです。人形のパーツが本体から分かれ、別のパーツとくっつき、あっという間に見た目が変わる……江戸糸操りなど、伝統的なスタイルの操り人形劇では決して見られない光景です。
人形は全部で60体ほどあるとのことですが、そのかなりの数に大胆なからくりが仕込まれていて驚きの連続でした。これを、舞台に手を触れることなく動かせる人形遣いさんの技術も相当なものなのでしょう。

加えて、人形を舞台上方から遣うということ自体も糸繰りの強みですね!一瞬の暗転で人形が入れ替わる(舞台の台の後ろや上に飛ばしている)動きや、何度かあった宙に浮く演技など、操法の利点が活かされた演出が素敵でした。

もうひとつ注目すべきだったのが、力の入った音響と映像。人形劇にしてはドキッとするくらい大きくて殴るような音量と、随所で挟まれる映像による雰囲気づくりが、壮大である種不気味な世界観を引き立てていました。客席後方にあったリアスピーカは劇団の持ち込みだろうか(技術屋的感想)……。


この公演はウェブメディアの「SPICE」で、制作風景や演出の紹介が特集されているので、こちらもご覧いただければ作品の雰囲気はより伝わるかと思います。ぜひぜひ。

ギリギリになってしまいましたが、「糸あやつり人形芝居 高丘親王航海記」は本日も10:30〜@飯田人形劇場で上演あるようです。昨日時点ではまだ残席あるとのこと。お薦めの作品です!お時間ある方は劇場にGoしてくださいー!

---

1日目からいろんな勉強ができました。今日も一日頑張ります!Twitterの更新もご覧ください〜宴でした〜!















コメント

このブログの人気の投稿

新入団員のご挨拶「めぇ」

皆様はじめまして。新入団員とも言えなくなってきましたが一応入団ブログを書かせていただきます、めぇと申します。 実は昨年の秋に入団していたのですが、入団ブログを書くのをサボるにサボって今に至ります。昔から物事を早いうちに片付けられない性分、どうにかしたいものです。先輩方、すみませんでした…。 さて、何について書きましょう。本当は人形劇について書ければいいのですが、なんせ公演経験がない。人形劇の何たるかが未だによくわかっていない。でもとっても素敵なものだな、もっと知りたいなとは思います。 まだよく知らない人形劇について長々と語るのも憚られるので、劇団員の皆様への近況報告も兼ねて最近のことを書こうと思います。今私は長崎にいます。人生で二回目の九州です。免許を取りに来たのであまり観光はできていないのですが、とてもいいところですね。太平洋沿いの町で育ったため海にはそこそこ慣れているのですが、このあたりは島が多いので新鮮です。海の向こうに陸地があるのがなんだか面白い。先日教習がない日に展望台に行って海を見てきたのですが、思っていた以上に感動してしまいました。年ですかね。いつか島巡りでもしたいものです。 さてさて、短いですが今日はこのへんで。新作公演でお会いしましょう。
残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて