スキップしてメイン コンテンツに移動

【新歓インタビュー】どういうところが楽しいの?

みなさんこんにちは!ノイ団員のみつゆです。先日、公演直前に道に迷い上演開始15分後に会場に到着するという夢を見ました。恐ろしすぎますね。
さて団員インタビュー第二段となる今回は、サークルの楽しさや人形劇の面白さについてせまっていきます。実は私みつゆは入団歴が1か月とノイで一番経験が浅いのです。おニューなNUE団員なのです。他の団員と過ごした時間は短いのですが、今回の対談でお互いの距離がちょっと縮まった気がします……!
この記事は、新歓企画 インタビューシリーズの中の1本です。他の記事もどうぞよろしくお願いします!

登場人物

(情報メディア創成4年)
芸術とハイテクの人。団員で一番人形劇に詳しい。頭にたくさんの知識やアイデアが詰まっている。バイト中だとポケットにおもちゃも入っている。恐るべし。
逆転満塁打(比較文化4年)
演じて書いて何でも創る人。パフォーマンス意欲が高くて素敵。いつも楽しそう。動物に例えるならラッコだと思う(筆者の見解)。
ぼんぼり(教育2年)
優しさと思慮深さを兼ね備える人。手先が器用で、この1年でたくさんの人形を扱ってきた。新歓企画のリーダーでもある。ポケモンが好き。
みつゆ(地球2年)
この記事の担当者。舞台の高揚感が忘れられなくて演劇を続けている。出身は岩手県だけどスキーは未経験。不器用だけどがんばるぞ!おー!


人形劇のどういうところが好き?

ぼんぼり
私は人形が命を持って動いているという現実離れした世界に引き込まれて、人間劇以上に日常から離れられる感じが好きです。あとは、人間劇にも言えることではあるけど、工夫次第で表現の幅が無限にある所かな。

みつゆ
普段は何でもないただのものでしかないものが、手を加えられて舞台に上がった途端、まるで命が吹き込まれたように動きだすっていうのが凄く好きですね!

抽象的な表現に強いところ。観客も想像力を働かせて観ることが必要かなと思う。それと、関わる人たちがプロもアマチュアもみんな優しくて(本当に)、表現に関する造詣が深いところ。話していてすごく楽しいですね……

逆転満塁打
自分のからだと完全に離れている存在が、自らの手によって生命を持ち立ち現れる光景がとても好きです。

みつゆ
皆さん人形が生命を持つ時が好きなんですね!気持ちは1つなんだなあ……確かにめちゃめちゃ興奮します。

逆転満塁打
宴くんの、観客に想像力が必要というのは人形劇以外にも通じるのでは?

それはそうやねんけど、人形劇に携わってる人と喋ってそういう人が多いなって。こないだプロの作品を観に行って、演出周りを担当した団員さんとお話ししたら、作中のあらゆる表現を「どういう風に見えた?」って聞かれて。意図と違うところは公演期間中にもどんどん修正するそうです。やっぱりそういう、抽象的な表現を考えていくことが人形劇の命だと思った……。全部ガッチリ具体的な見た目で表現するのではなく、視たままではないほうに積極的に取り組む手法が好きです。

逆転満塁打
余白の美!私は人間が出てくる舞台で、どうしてそこパントマイムなんだとか思うことがあるんだけど、それも人間が演じてるからこそ思っちゃうよね。

人形はそれ自体が生きたものでない時点で抽象な存在だよね。

逆転満塁打
やっぱそれが面白いんだよね。普通の舞台で海を表すなら、どうしても水もってこいって。でも人形劇で海を作るならいろんな表現ができそう。木の板青く塗ってもいいし青い布持ってきてもいいしそれでも違和感ない。人形劇は表現を取り込むハードルが低いなって思います。

「人魚姫」の舞台で、海と陸の境目をフラフープで表してたのがあったな〜あれ大好き……。
いいだ人形劇センター「人魚姫」
演出:くすのき燕(言及シーンは48:34〜)



ぼんぼり
すごい!

逆転満塁打
勝てねえ……

人形劇ならではの表現を新たに発見するの楽しいよね。

逆転満塁打
物語書くのも好きだし創るの好きだよなあ(しみじみ)自分がある程度思い描いていたものが目の前に創られてうわあ凄いとなるのも好きだし、それが違ってても完成形に私の手が導かれてる!ってなるのも好き!

ドラマチックだ!

逆転満塁打
創るときの自分と別の存在と向き合ってる感が好きです。存在なりと世界なりと向き合うのも好きだなー。

みつゆ
私は非日常の日常が好きだし舞台空間が大好きだし創作によって世界が増えるのも大好きです!

ぼんぼり
私は作品を読んで感動して自分もこんなのをつくりたいなっていう憧れで創作を続けています。

あと、ずっと他人の作ったものを消費するだけっていうのは腹立つ(笑)。

みつゆ
分かるかも。私はコンテンツを消費してるだけの人間にはなりたくないっていうのはあります。

逆転満塁打
インプットだけだと息苦しいし、使命感とか義務感とか焦燥感だけでやってるわけじゃないけど、演劇が好きです。

なんでもないモノが命をもったときの感動、新入生の皆さんにも味わってほしい……!ノイ公式Twitterでは過去の公演作品に関する情報をモーメントにまとめて公開しているので、そちらも是非チェックしてくださいね。

活動の中でどんな時間が好き?

アイデアが形になって動き出す時。モノが生きて見えたり、本物を想像させる瞬間がかっこいいんだよね。

ぼんぼり
私はやっぱり人形が完成して実際に動かした時です。ただの布や板だったものがこんな風になるんだという感動がすごい。

逆転満塁打
私はまだ直接人形劇を作ったことはないんですが、裁縫が好きなのでぬいぐるみ系をつくるのが楽しみです。あとは世界をつくるのに、どんな材料を使ったらいいとか、どんな光をあてたらいいかとか、空間演出を考える時間が好きです。

みつゆ
私も2回しか製作現場を見学してないんですけど、人形を縫ってるときとか暗闇にふわっと人形が現われるときとか気分があがります。

人形劇団NEU「スーホの白い馬」(2019)より。
馬の頭、手足、全身は発泡スチロールをベースにしてガーゼを被せています。肩と首回りには木製の枠組みがありますが、胴体の中身は空で布だけで作られています。

みんなであれこれ試行錯誤して、1つの作品が出来上がります。自分の手で作品を仕上げていくこと、イメージが形あるものになること。舞台製作の楽しみです。

ノイの好きなところは?

逆転満塁打
サークルのひとたちはふわふわしてるけどやってることは超ガチでこだわれるところです。しあわせ。

ぼんぼり
仲が良くて、話しやすい所。人形劇に対して真剣な所も好きです。

みつゆ
マイペースで仲がよくて作品への意欲が高いところが素敵だなって思います。

みんなふわふわって言うよな(笑)宴も静かでふわふわなところが好きです。どの代もファミリー感あるよな……NEUはずっとアットホームな感じ。

逆転満塁打
そこに凄く惹かれたかなー。それぞれを大事にしてる感じ、お互いを尊敬しあってる感じが凄く伝わってきた。

「スーホの白い馬」より。
人形劇団NEU「おとしもの」(2018-2019)より。

劇の制作に求められる能力がマルチなのもあって、いろんな能力持った人がいて。過去の先輩には塗装が得意な方や彫刻が専門の人もいました。
みんなそれぞれ創造へのパッションがあってかっこいいよね。学外の人たちからもよく褒めていただけて嬉しいポイントです。

みつゆ
ふわふわ〜って感じだけど芝居には情熱的な一面があるところや、いろんな人材がいるというのはNEUの特徴ですね!私も落ち着いてて好きです。ちなみに新入生は何人入ってほしいですか?

ぼんぼり
欲を言うなら4人くらいですかね!(注:現団員数は4人)男子多めだと嬉しいかな……

実は20年前には20人くらいいたみたいですね。当時から子供受け以外もやってて、それも人が集まった理由の1つだったのかもしれません。人数いたらかっこいいこともできるよ!

*-*-*-*-*

団員の"好き"をピックアップしたインタビューになりました。みんな温かくて好きなものへの熱意があって私も大好きなサークルです!わーい楽しい!!新入生の皆さん、入団お待ちしてます〜!!(全力で手を振る団員一同)

次回のインタビューもご期待下さい!
この記事は、新歓企画 インタビューシリーズの中の1本です。他の記事もどうぞよろしくお願いします!

コメント

このブログの人気の投稿

新入団員のご挨拶「めぇ」

皆様はじめまして。新入団員とも言えなくなってきましたが一応入団ブログを書かせていただきます、めぇと申します。 実は昨年の秋に入団していたのですが、入団ブログを書くのをサボるにサボって今に至ります。昔から物事を早いうちに片付けられない性分、どうにかしたいものです。先輩方、すみませんでした…。 さて、何について書きましょう。本当は人形劇について書ければいいのですが、なんせ公演経験がない。人形劇の何たるかが未だによくわかっていない。でもとっても素敵なものだな、もっと知りたいなとは思います。 まだよく知らない人形劇について長々と語るのも憚られるので、劇団員の皆様への近況報告も兼ねて最近のことを書こうと思います。今私は長崎にいます。人生で二回目の九州です。免許を取りに来たのであまり観光はできていないのですが、とてもいいところですね。太平洋沿いの町で育ったため海にはそこそこ慣れているのですが、このあたりは島が多いので新鮮です。海の向こうに陸地があるのがなんだか面白い。先日教習がない日に展望台に行って海を見てきたのですが、思っていた以上に感動してしまいました。年ですかね。いつか島巡りでもしたいものです。 さてさて、短いですが今日はこのへんで。新作公演でお会いしましょう。
残暑も日ごとに和らぎ、 さわやかな秋晴の季節となりました。 皆様 いかがお過ごしでしょうか 。 座長 のみつゆです。 私が座長として公に文章を書くのは今回が初めてではないでしょうか。表に出る機会はそれほどないのですが、どうぞお見知りおきを。 さて。今回は近況報告、ノイが最近何をしているのか?というお話です。最近、といっても今年の4月くらいからの活動ですね。 とはいえ、人形劇作品の制作、仕込みの練習、作品や人形美術の鑑賞など、活動はいつもと変わりありません。今年はたくさんの新入生が入団してくれたのでとても賑やかです。練習で一緒に人形を動したり機材を組んだりすると、こちらも新しい発見があるので刺激的ですね。何より感性がフレッシュ。優秀でいい子たちです。 現在は対面活動が制限されているのでリモートで作業をしています。このあたりは昨年リモート制作の際に試行錯誤したノウハウが生かされてるかなと思います(多分……)。毎年参加しているいいだ人形劇フェスタは規模を長野県内に縮小とのことで、残念ながら参加は見送りに。私は一度も現地に行ったことがないので、来年こそは行きたいですね。 人形劇の制作ですが、現在新作を制作中です!前回の公演は2020年の2月、なんとノイでは1年半の間公演を行っていないのです……。 このブログを読んでいる方の中には、次回作を今か今かと待ち遠しく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長い間お待たせして申し訳ございません。 皆様に届けられるよう、現在ノイ団員一丸で製作にあたっていますので、今しばらくお待ちください。 今後の情勢にもよりますが、秋には何らかの形で公開の予定です。 では、今回はこのあたりで。いずれ愉快な新入団員の愉快な記事が公開されるのでお楽しみに。

入団から一年!超不器用団員が振り返るNEUでの一年間

 お久しぶりです!(はじめましての方ははじめまして!) 二年生になりました、ぼんぼりです。実家に帰ってしばらく、ついに固体のチョコレートケーキの生成に成功しました。(えっ?液体のチョコレートケーキって何?という突っ込みは野暮なのでお控えください) 入団からちょうど一年がたつということで、昨年度の公演について振り返っていきたいなと思います。(あくまで主観強めなので、制作や機材などを細かく知りたい方は別の記事やツイッターをご覧ください) まずは、秋にイベントの子ども向けスペースで行った落語人形劇、「山号寺号」「饅頭怖い」。 発泡スチロールを使った人形を使ったのですが、この発泡スチロールを切るというのが第一の試練でした。熱くなったピアノ線みたいなもので切っていくのですが、これがびっくりするほどするすると切れていき「えっ?これまっすぐ切れて……なーい!」曲がり具合はご想像にお任せします。 そして、完成した顔の大きさに軽く絶望したことを覚えています。「このサイズの顔に合う体を作らなくちゃいけないのか」と。 しかしこれは杞憂に終わりました。人形劇では、見えない部分って作りこまなくてもいいんです。そう、この人形、実は中が空洞になっっているんです。 それから、難しそうで難しくない、すこし達成感の得られるうなずきの仕掛けも作りました。一体作って自信がついた私は、「先輩が来る前に作業を進められるのではないか」と思って上機嫌で木材にドリルをあてがいました。異変に気付いたのはそれから五分後のこと。前は数十秒で空いた穴がいつまでたっても空く気配がない!そのとき、先輩がやってきて一言「ぼんぼりちゃん、それ逆回転やで」 それでもなんとか人形が完成して、「音とかつけて稽古してみるか」というところで気づいたことが一つ。「あれ?音響やる人いなくない?」子供向けの公演では客席整理が必要なので普通よりも人がたくさん必要になるんです。 私「これどうするんですか?」 先輩「防犯ブザーを改造して役者が音ならせるようにする」 私「防犯ブザーを改造」 そんなこんなで本番。思っていたより大きなイベントで非常に緊張しました。 このイベントでは三回の公演を行ったのですが、どれもたくさんのお客さんにお越しいただきました。中には「饅頭なんて怖くないよ」と突っ込みを入れて